食べてOK!やせる「麺類の食べ方」4つのコツ

ラーメンもパスタも!「超簡単な方法」は?

最後は、自宅でもできる「やせる麺類の食べ方」を紹介します。

【4】おうちパスタは「かさ増し法」で食べる

自宅で麺類を食べる場合は、ちょっとしたひと工夫で「やせる食べ方」にすることができます。それは、「麺の量を減らして、ほかの食べ物に置き換える」という方法です。ほかの食材でかさ増しすることで、麺の量を減らしてもボリューム満点で、満足しやすいのです。

おすすめは「えのきだけ」。えのきだけは「食物繊維」のほか、糖質や脂質の代謝にも欠かせない「ビタミンB群」が豊富です。パスタの量を減らし、その分「えのきだけ」でかさ増しをするのです。

味が変わってしまうと思われるかもしれませんが、「えのきだけ」はパスタ料理でもよく使われている食材なので、たくさん入れても違和感なくおいしく食べられます。特に「フィデリーニ」という少しだけ細めのパスタにすると、えのきとの食感がほとんどわからなくなり、麺の量を減らしていることを感じさせない一品になります。

ラーメンの場合は、「もやし」や「千切りキャベツ」などをかさ増しに使うのもおすすめです。

私がプロデュースしたレストランの期間限定メニューで、えのきだけでかさ増ししたパスタがあったのですが、これが男性にも驚くほど好評でした。ぜひ、みなさんも試してみてください。

無理なく続けられるからこそ「最強のやせ方」

食べることが大好きなのに、ダイエット中は「我慢の連続」で、食事自体が苦痛になってしまっている人も少なくないでしょう。

そんな方に、私はいつも「ダイエット中でも、食事は楽しんでいいのです!」とお伝えしています。「食べないダイエット」「我慢ばかりのダイエット」は、反動で「ドカ食い」を招きやすく、リバウンド、失敗のもとだからです。

その代わり、食べ方にちょっとした工夫をしてみましょう。「食べ方」さえ工夫すれば無理なくやせることができ、体も喜びます。その結果、「ストレスなく、楽しくやせる」ことができ、その喜びは結果的に「自信」に変わっていきます。

世の中には糖質制限や単品ダイエットやハードに運動するダイエットなどもありますが、単に糖質を抑えるだけの糖質制限や単品ダイエットでは結果的に体調を崩してしまうことにつながります。また、ハードな運動や方法は結果的にリバウンドにつながるケースが多いのも事実です。

無理なく続けられるダイエットこそ「最強のやせ方」だと私は思っています。ぜひみなさんも、「やせる麺類の食べ方」を参考に、無理なく、楽しく続けられる「最強のやせ方」を体験してみてください。

(医学監修:池谷敏郎[医学博士])

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT