「小技の野球」金足農、神がかった勝利の行方

KKコンビのPLと戦った34年前を彷彿

準々決勝の近江戦でツーランスクイズを決めた金足農。球場は興奮のるつぼと化した(撮影・馬場岳人)

100回記念大会の夏の甲子園に“旋風”が巻き起こっている。秋田代表で「公立高校の星」金足農である。34年ぶりに4強に進出。プロも注目する高校球界ナンバーワン投手の吉田輝星を中心に神がかった勝利を収め、もはや高校野球ファンの心をわしづかみにしている。当時、KKコンビのPL学園と接戦を演じた先輩たちの成績を超えることができるか。

金足農の吉田にかかった記録

白いマウスピースを噛みしめてマウンドを支配する“怪物”が、平成最後の甲子園に現れた。100回記念大会で「公立高校」を4強に押し上げた金足農の150キロ右腕、吉田輝星だ。秋田大会で5試合43イニングを完投し、57三振を奪った吉田の勢いは、甲子園に舞台を移しても止まらない。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

鹿児島実との1回戦では157球、14奪三振。2回戦、強打の大垣日大戦は154球で13奪三振。3回戦では強豪横浜を相手に164球、14奪三振。「9回になって、もう一段ギアを上げたスライダーをとらえきれなかった」(横浜の5番内海貴斗)。そして準々決勝。近江戦では140球を投じて、10奪三振。「スライダーのキレがすごかった」(近江の4番北村恵吾)。

4試合で計51奪三振。いずれの試合も2桁奪三振で完投している。大会記録に並ぶ4試合連続の2桁奪三振は2012年の桐光学園・松井裕樹(楽天)に続く史上7人目の記録だ。

次ページ自己最速タイの150キロをマーク
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT