PL学園野球部、廃部2年の今に残る最後の灯

元中日・立浪和義、東洋大・中川圭太の述懐

球史に名を残すプロ野球選手を輩出してきたPL学園だが、もう一度甲子園の土を踏む日は来るのか…(写真:タッチ / PIXTA)

夏の甲子園が100回記念大会に相応しい盛り上がりをみせている。とりわけ、大阪桐蔭が史上初となる2度目の春夏連覇を成し遂げるかが話題を独占しているが、その長い歴史の中で鮮烈な印象を残した高校を振り返っていったとき、代表校として名前を挙げる人が多い高校の1つが、同じ大阪代表として全国制覇7度(春3回、夏4回)を誇るPL学園ではないか。

1956年創部のPL学園硬式野球部は、2009年までに春と夏の甲子園にあわせて37回出場し、歴代3位となる通算96勝を記録した。卒業後にプロに進んだOBの数も、他校を圧倒する。木戸克彦、西田真二、吉村禎章、桑田真澄、清原和博、立浪和義、宮本慎也、福留孝介、今江敏晃、前田健太……。総勢81人を数え、球史に名を残す大投手、大打者も多い。

高校野球ファンの間で、抜きんでた人気を集める名門中の名門、全国屈指の伝統校がPL学園だった。

だが、100回目となる今回の甲子園の地方大会に参加した3781校の中に、PL学園の名前はない――。

立浪和義が語る野球部への思い

PL学園の硬式野球部が活動休止となってから、はや2年である。1980年代から1990年代にかけて、甲子園のアルプススタンドに巨大な人文字を描き、絶大な人気を誇った同校野球部の廃部を惜しむ声や、活動再開を求める声(動き)もすっかり聞かれなくなってしまった。

「自分だけじゃなく、先輩方や後輩が築いてきた伝統が、簡単になくなってしまった。そして、PL出身の現役プロ野球選手も少なくなってしまった。そのうち、誰もいなくなってしまったら、忘れられていくんでしょうね。それが一番、寂しいです」

そう話していたのは、元中日の立浪和義だ。KKコンビ(桑田真澄、清原和博)の2歳下にあたる立波は、主将を務めていた1987年に春夏連覇を達成。PL黄金期のシンボルのような選手だろう。

次ページ度重なる不祥事が発覚
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。