甲子園は「炎天下で汗を流してこそ」なのか

マツコ提案「高校野球を大阪ドームで」に賛否

どうなる、猛暑の甲子園問題(写真はイメージです。写真:m.Taira / PIXTA)

タレントのマツコ・デラックス(45)が23日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、連日の猛暑の中で行われている高校野球地区大会や阪神甲子園球場の使用について、真顔で苦言を呈した。

「もう、ドームしかないって。大阪ドーム(京セラドーム大阪)に甲子園って、名前を付けたらいいじゃない。大阪ドームを甲子園にすればいいのよ」

8月5日から阪神甲子園球場で開催される「全国高等学校野球選手権大会」は、今年で100回目を迎える記念大会となる。

予選は夜やるべき!?

毎年恒例の、高校球児たちの甲子園。今年のキャッチフレースは「本気の夏、100回目。」となっているが、本気の夏どころか、かなりヤバい夏となっている。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「今年の甲子園は本気でヤバイ。7月から日本全体を高気圧が覆ったことで、各地で最高気温を更新する、異常気象が連日続いています。その影響で、地方大会でも選手や応援している生徒が熱中症で倒れました」(スポーツ紙記者)

連日の猛暑対策として、応援スタンドに日よけテントを設営したり、試合時間を変更してきたが、選手や応援する生徒が危険な状況であることは変わりない。

マツコは同番組の中で、予選についてもこう言及した。

「夜中とかにやればいいのよ。予選なんか誰も見てないんだから。ゲームだけすればいいんだからさ」

その声には「野球に対する愛がない」や「予選は夜にやるべき」と、ネット上では賛否両論だが、この夏が“暑い”ことは変わりない。

次ページ球場関係者も戦々恐々の暑さ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。