画期的!カラスがゴミ拾いの作業員になった

フランスのテーマパークで勤務スタート

ピュイ・ドゥ・フーの公式ブログより

[パリ 11日 ロイター] - フランス西部のテーマパーク「ピュイ・ドゥ・フー」で、調教したミヤマガラスにたばこの吸い殻などのごみを拾ってもらい、ご褒美に餌を与える「勤務」が始まる。

ピュイ・ドゥ・フーの担当者クリストフ・ガボリさんは、6羽のミヤマガラスを雛のときから飼い慣らし、ごみを拾ってくるとそのつど餌を与える方法で訓練した。具体的には、拾ってきたごみを専用の容器に入れると、小さな引き出しから餌をもらえるようにしたという。

クリストフ・ガボリさんとカラス(写真:ピュイ・ドゥ・フーの公式ブログより)

テーマパークのブログによると、ガボリさんは「カラスは有害鳥とされ、不当に悪評を立てられている。だが彼らは、環境に優しい活動を行い、汚名をそそぐだろう」と述べた。

ミヤマガラスは特に賢い鳥とされており、過去の研究では子飼いされた個体が餌を得るため道具の使用に熟達する例が報告されている。カラスたちの清掃勤務は、近日中に始まるという。

次ページ写真集:カラスの「勤務」の様子はこちら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。