フジテレビが探る「視聴者との新しい関係」

FNNjpプライムオンライン発のネット戦略

その結果、コンテンツビュー(オリジナルサイトおよび配信先メディアでの閲覧総計)やマンスリーアクティブユーザーといった数字がついてくれば、タイアップ記事やイベントとのコラボレーションなどが行えます。実際にすでに問い合わせも多数あり、自ずとメディアからの収益も生まれていくでしょう。

ターゲット層も、「ホウドウキョク」では“田園都市線沿線在住の30代既婚男性”といったペルソナを設定していました。「FNN.jpプライムオンライン」では、異なるペルソナ”東京の大学を卒業して、現在は実家のある愛媛県に在住の40代既婚男性”を設けています。このペルソナにニュースを伝えるにはどうしたらいいのか?などを考えながら、さらに幅広い読者を取り込む工夫をしていきます。

――まだ開設して間もない時期ではありますが、現時点ではどのような反響が得られていますか?

単純なユーザー数でいえば、「FNN-News.com」と比べて、5倍以上のペースで増えています。また、「ホウドウキョク」では他のウェブメディアや動画配信サービスと積極的にコラボしてきましたが、同様の引き合いをすでに多数いただいています。実際に形になるのは少し先の話ですが、メディアとして期待していただいていることをありがたく思っています。

――その点ではやはり、FNNというブランドが大きなアドバンテージになっていると言えそうですね。

そうですね。「ホウドウキョク」はあえて局の名前を前面に出さない方針でしたから、「え、ホウドウキョクってフジテレビのメディアだったんですか?」と言われることも多かったんです。「FNN.jpプライムオンライン」では逆に、FNNのブランドを生かしていこうと考えています。

僕がフジテレビに入社して最初に言われたのは、「テレビはどう頑張っても24時間しか売る物がない」ということでした。だから、他に売る物を考えていかなければならないのだ、と。そこで映画やイベントなど、僕らの仕事は多岐にわたっていくわけですが、ネットへの取り組みもその延長線上にあるものです。その意味で、1980年代からフジテレビが発信してきた“楽しくなければテレビじゃない”というモットーは今も生きていて、こうした新たなことにチャレンジしやすい土壌は、「FNN.jpプライムオンライン」においても大きな強みになると思います。

全国各地の系列28局にもチャンスが生まれる

――こうした取り組みは、全国の系列28列局にどのような影響を及ぼすでしょうか。

少子高齢化などに伴う視聴率の変化に悩む地域も多い中、こうしてFNNが連携してスケールメリットを生かすことは、地方の系列局にとってこそ大きなチャンスにつながると僕は考えています。

各地の新聞社やラジオ局がインターネットに活路を見出しているように、ローカル局も「FNN.jpプライムオンライン」の取り組みによって、視聴者をもう一度テレビに呼び戻したり、あるいはテレビではないところで新たなつながりをつくったり、多くの可能性があるはずです。

次ページ全国の28局が連携
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT