フジテレビが探る「視聴者との新しい関係」

FNNjpプライムオンライン発のネット戦略

フジテレビで唯一、そして初めての「チーフビジョナリスト」のポストに就任した清水俊宏さん(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)
フジテレビ系列28局で構成されるフジニュースネットワーク(FNN)が、今春から新しいウェブメディア「FNN.jpプライムオンライン」をスタート。立ち上げに関わった立役者の一人、清水俊宏さんは「ホウドウキョク」の運営責任者も務め、フジテレビで唯一、そして初めての「チーフビジョナリスト」のポストに就任した人物です。ニュースからバラエティまで、あらゆるコンテンツを題材に「テレビとの新しい付き合い方」を提案するというFNN.jpプライムオンライン。その戦略と課題を清水さんに聞きました。

 “攻めるコンテンツ”のノウハウを活用

――フジテレビではこれまで、「ホウドウキョク」というニュースメディアを運営してきましたが、「FNN.jpプライムオンライン」との違いは何でしょう?

本記事はnews HACK by Yahoo!ニュース(運営:ヤフー)の提供記事です

「ホウドウキョク」がフジテレビ1局で展開しているメディアであるのに対し、「FNN.jpプライムオンライン」は北海道から沖縄まで全国のフジテレビ系列28局による取り組みであることが最大の違いです。

全28局のスケールメリットとわれわれが「ホウドウキョク」を通して培ってきた“攻め”のコンテンツづくりのノウハウを生かした新しいメディアをつくろうという着想から生まれたのが「FNN.jpプライムオンライン」です。

今後は「FNN.jpプライムオンライン」を大きく育てていく方針ではあるのですが、ありがたいことに「ホウドウキョク」のファンも大勢いるので、当面は並行してコンテンツの配信を続けていくことになります。

次ページ“攻め”のコンテンツづくりとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。