フジテレビが探る「視聴者との新しい関係」

FNNjpプライムオンライン発のネット戦略

――「ホウドウキョク」で実践してきた“攻め”のコンテンツづくりとは、どのようなものしょうか。

<チーフビジョナリスト 清水俊宏さん> 1979年生まれ。2002年に報道局配属後、政治部で小泉首相番や国会担当、新報道2001ディレクター、選挙特番の総合演出など。「ホウドウキョク」などニュースメディア戦略の構築担当を経て、2018年より現職(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)

FNNではかなり前から、テレビコンテンツの二次利用を中心にした「FNN-News.com」というメディアを運営してきました。例えば、ニュース番組でアナウンサーの言葉を部分的に切り出してテキスト化したり、ニュースの一部をそのまま掲載したりするのが主なコンテンツでした。しかし、ネットユーザーにはネットユーザーならではのニーズがあるはずで、コンテンツの作り方として消極的であったのは否めません。そこで、ネットユーザーのニーズに応えようとフジテレビが始めたのが「ホウドウキョク」でした。

「ホウドウキョク」では、動画内の言葉をそのまま使うのではなく、単体のテキスト記事としても読めるようにアレンジしたり、最近ではYahoo!ニュースと連携して動画コンテンツを配信したり、ネットメディアならではの取り組みに注力してきました。

「FNN.jpプライムオンライン」でもそうしたノウハウを踏襲しながら、ニュースの枠を越えてドラマやバラエティなど幅広いジャンルに題材を求め、“人気番組を読む”という新しいユーザー体験を提供していくつもりです。

――局内における「FNN.jpプライムオンライン」の運営体制は?

オリジナル記事や速報重視の動画コンテンツを毎日24時間配信している「FNN.jpプライムオンライン」(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)

現状では、「ホウドウキョク」のスタッフと新たに専属で加わったメンバーで「FNN.jpプライムオンライン」の運営をしています。報道担当の専属スタッフがおよそ20人。このほか、ジャンルごとに解説委員や専門の記者を起用するなど、コンテンツによってさまざまな人材が動いています。

この体制で、テレビ番組を元に記事を作成するほか、取材に基づいて制作したオリジナル記事を10~20本、速報重視の動画コンテンツを30~40本を毎日24時間配信しています。

「FNN.jpプライムオンライン」のマネタイズ戦略

――「FNN.jpプライムオンライン」のページには、広告の類いはほとんど見当たりません。マネタイズ戦略はどのように考えられているのでしょうか。

会社としてマネタイズを重視していないわけではないのですが、一方で僕らはまず報道機関なので、大もうけする必要はないとも考えています。それよりも1人でも多くのユーザーに見てもらうことが重要です。そのためアクセス数を追うのではなく、少なくとも「1週間に1度はFNNを思い出してアクセスしてくれるユーザー」の増加を目指しています。

次ページ幅広い読者を取り込む工夫が必要
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT