カローラとトコットの造形にこもる深い意味

どちらも日本車にはあまりなかった発想だ

ではカローラはそれをどう解決したのだろうか? 正面からフロントフェイスを写した写真を見ると、カローラは絞ったノーズを幅広く見せるために、ヘッドランプの視覚的重心である目玉部分を徹底的に両外側に押し出していることがわかる。絞ったノーズでそれをやれば、普通目玉だけ前に飛び出してしまうが、まさかそんな処理はできない。だから目玉をボディのアウトラインに収めるべく、後ろにセットバックさせたのだ。これは2ページ目の上から見下ろした写真を見るとよくわかる。

2台のフロントフェイス(筆者撮影)

極端な3次元造形を施したヘッドランプによって縦横比で不利なノーズを左右にグッと広げてみせている。しかもこのデザイナーの腕がいいと思うのは、目玉を下方にはみ出させて視覚的重心を下げ、さらに目玉より内側のランプ部を極力細くして重量的存在感を消しながら細く内側へ引っ張って、薄く平べったく見える様に仕立てていることだ。この結果、絞って縦横比がおかしくなったノーズを幅広く低く見せることに成功している。

手品のタネはもうひとつあって、人によっては「深海魚が口を開けているみたい」と悪口を言うグリルだ。仮に左右のバンパーが塗装面で繋がっていたら、ノーズがもっと厚ぼったく重たく見える。そこを黒いメッシュで黒子のように存在感を消した。このおかげで実際より薄く見える。この開口部を囲うグリルでヘッドランプ内側部分の細型化を一緒に解決してあるのも知的なアプローチだ。ちなみにこの視覚的軽量感のアプローチは、リヤも同様の処理がなされている。

つまりカローラは移動体の全体形状として正しいフットボール型のボディシェイプを採用しつつ、その形だとカッコ悪く見える問題、つまり縦横比の縦長化を多くの視覚的錯覚を駆使することで、平たく低く見せることに成功しているのだ。筆者はトヨタが立体デザインの新しい境地に達したと、このカローラを見て思った。

サイドビューとウエストライン

さてこの2台を並べて見て、どちらに躍動感があるだろうか?

躍動感があるのはどちらか(筆者撮影)

普通はカローラと答えるだろう。その理由はフロントフェンダーからAピラーへ続くワンモーションのラインと、それに呼応するテールゲートの傾き、それに加えてリアドア後部でキックアップするウエストラインだ。これらはクルマが止まっていても前に向かって進みそうな印象を与える処理である。だが、デメリットも当然ある。

極端に前下がりになったボンネットは、運転席からの視認性がゼロで車両感覚のつかみやすさではマイナスだ。平らなボンネットを持つトコットは少し伸びあがれば先端が目視できる。また水平なウエストラインを持つトコットは駐車場で枠線にまっすぐ停めやすい。ウエストラインが後ろ上がりだと、自車角度の錯覚が起こりなかなかまっすぐに停められない。道具としての使いやすさを追求するならこれらも大事な性能だ。

次ページカローラも利便性を大事にしたい気持ちがある
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。