経済財政白書はもっと日本経済の課題を語れ

伝統ある白書が政権を「忖度」してはいけない

さて、ここからは恒例の競馬コーナーである。

立秋を迎えた途端に台風が来て、今週の日本列島は少し過ごしやすくなった。夏競馬も、先週までとはちょっと違った戦略が求められそうだ。

関屋記念の本命は3歳馬のフロンティアを指名

今週末はサマーマイルシリーズの第2弾、関屋記念(G3、12日新潟競馬場芝1600m)が行われる。ここは2週前に行われた中京記念の上位馬からセレクトするのが常道であろう。リライアブルエース(3着)、フロンティア(4着)、ワントゥワン(5着)の中からどれを選ぶか。

本命には3歳馬フロンティアを指名する。他の馬は斥量が2キロ増えているけれども、フロンティアは53キロのままで戦えるのが強みである。対抗には、戸崎騎手が3戦目となるリライアブルエース。それから穴馬には、上り調子のショウナンアンセムが面白そうだ。

7月21日の当欄で筆者が推奨した「夏場に強い」はずのウインガニオンは、中京記念は8着に終わっている。賢者は深追いを避けるべきであろうが、ここで来ると悔し過ぎるので、やっぱり少しだけ買っておこう、などと考えている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。