経済財政白書はもっと日本経済の課題を語れ

伝統ある白書が政権を「忖度」してはいけない

さて、ここからは恒例の競馬コーナーである。

立秋を迎えた途端に台風が来て、今週の日本列島は少し過ごしやすくなった。夏競馬も、先週までとはちょっと違った戦略が求められそうだ。

関屋記念の本命は3歳馬のフロンティアを指名

今週末はサマーマイルシリーズの第2弾、関屋記念(G3、12日新潟競馬場芝1600m)が行われる。ここは2週前に行われた中京記念の上位馬からセレクトするのが常道であろう。リライアブルエース(3着)、フロンティア(4着)、ワントゥワン(5着)の中からどれを選ぶか。

本命には3歳馬フロンティアを指名する。他の馬は斥量が2キロ増えているけれども、フロンティアは53キロのままで戦えるのが強みである。対抗には、戸崎騎手が3戦目となるリライアブルエース。それから穴馬には、上り調子のショウナンアンセムが面白そうだ。

7月21日の当欄で筆者が推奨した「夏場に強い」はずのウインガニオンは、中京記念は8着に終わっている。賢者は深追いを避けるべきであろうが、ここで来ると悔し過ぎるので、やっぱり少しだけ買っておこう、などと考えている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。