成長企業の経営者が絶対口にしない「言葉」

米企業の偉大なCEO3人に共通すること

アメリカで成長中のハイテク企業3社のCEOに共通することとは?(写真:ferrantraite / iStock)
アメリカでは企業の経営者や経営陣が、ブログなどを通じてビジネスや経営哲学などについて語ることは多く、日本のビジネスパーソンにとって役立つ情報がたくさんあります。今回は、アメリカの決済サービス大手、スクエアの経営陣のブログから、偉大なCEOが口にしない言葉に関する記事を翻訳し、紹介します。

 

私は自分自身を極めて幸運な人間だと考えています。

私はこれまで3人の創業者兼現役のCEOと働く機会に恵まれました。まだ若いにもかかわらず、すでに伝説的な存在として語られる3人の偉大なCEOとは、グーグルのラリー・ペイジ、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ、そしてスクエアのジャック・ドーシーです。

よくジャック・ドーシー、マーク・ザッカーバーグ、ラリー・ペイジの共通点(そして相違点も)について聞かれます。これについてはそのうちまた別の機会に書くとしましょう。今回は、私が3人のCEOとしての在り方から気付いた、ある特徴的なふるまいについて書きたいと思います。

3人のCEOが口にしなかった言葉とは?

簡単に言えば、3人ともある特定の言葉を完璧なまでに口にすることを避けています。

1対1の打ち合わせや複数名での会議、全社が集まる場を含めて、今まで同席したどんな会話の場面においても、3人の1人でもこの言葉を使うのを耳にしたことはありません。

正直に言えば、彼らがこの言葉を避けられるのは信じられないことです。上場会社のCEOという立場にあれば、企業が成長したり、上場したりする過程でこの言葉の登場回数が増えることがあっても減ることはないものです。さらに加えると、3社で働くエンジニアやプロダクトマネジャー、営業やほかの役員など、ほかの人がこの言葉を口にするのは聞いたことはありますが、CEOの彼らからだけは聞いたことありません。

さて、まるで「ヴォルデモート卿」(『ハリー・ポッター』の登場人物が恐怖のあまり口にできなかった名前)のような、私がラリー、マーク、ジャックから聞いたことのない言葉は何でしょう?

「Revenue(収益)」。そう収益です。経営者、投資家、メディア、アナリストや一般人さえも使う、企業の経営状況を推し量るのに欠かせない数字です。企業の業績や成長具合を測る重要なものさしの一つでもあります。

それなら、収益の代わりに社内や社外のさまざまな人と話すときにはどんな言葉を使っているのでしょう?

次ページ収益以外にどんな言葉で成功を語るのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。