山根会長「辞任4分声明」の不用意すぎる中身

日本ボクシング連盟のガバナンスに疑問あり

今回のコメントは、日本ボクシング連盟の会長としてのものではなく、山根明個人のものに終始。やはりこの人にとって大切なのは、「『ドン』や『カリスマ』の山根明」であって、「日本ボクシング連盟会長の職務」ではありませんでした。日ごろ、「山根明」と自らの名前を連呼する自己顕示欲の強さも含め、経営者や管理職などのビジネスパーソンには反面教師になるのではないでしょうか。

「追及の手を一切ゆるめない」告発サイド

続いて8日14時15分から、「日本ボクシングを再興する会」の会見が行われました。

会見には、鶴木良夫代表や代理人の戸田裕典弁護士らが出席。助成金の不正流用疑惑について、「連盟は何一つ説明していない」と指摘したほか、審判への不正指示疑惑の直接的な証拠となる2つの音声データを初公開しました。

さらに、「チーム経費として仮払いされた分を精算していない」と指摘したほか、「まだまだ情報が集まってきている」という含みたっぷりのコメントも。それらをわざわざ言ったのは、山根会長の辞任声明が「会長職のことなのか、理事のことなのか、今後も会員として影響力を発揮していこうと思っているのか、まだはっきりしない」という中途半端なものだったからでしょう。

「日本ボクシングを再興する会」が目指しているのは、あくまで山根会長の除名と全理事の解任。それだけに、この日の辞任声明は明らかに不十分なものであり、理事たちの辞任も定かではないため、「まだ追及の手はゆるめられない」という段階に過ぎないのです。

話を山根会長の辞任声明に戻すと、やはり自分に甘い対応だけに、騒動の火消しにはなりません。そもそも山根会長は、「“終身”会長の自分には辞任という考えがない」「疑惑の件も『悪いことをした』という感覚がない」という心理状態。だから、「自分は死ぬまで続けるつもりだったけど、妻のために辞める」という大義名分が必要であり、謝罪の言葉も心がこもらないものになってしまったのでしょう。

担当弁護士がフォローの言葉を一切言わなかったことからは、「この顧客はコントロールできない」「かばいようがない」という気持ちが透けて見えました。見ている誰もが「逃げた」、あるいは「逃げ切れると思ったら、そうはいかないよ」と感じてしまう声明発表をわざわざ行った意味は、やはり極めて薄かったのです。

次ページ疑われるべき連盟のガバナンス機能
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。