「日本ボクシング連盟」の腐り方はヤバすぎる

山根会長と取り巻き理事は即刻総退陣すべき

8月1日、日本ボクシング連盟の山根明会長が欠席する中で行われた全国高校総体のボクシング開会式8(写真:共同通信)
隔週火曜日連載の「ミセス・パンプキンの人生相談室」で人気のミセス・パンプキンが、番外編コラムをお届けします。

国内のアマチュアボクシングを統括する「日本ボクシング連盟」に対し、役員や元選手ら333人が日本スポーツ振興センター(JSC)や日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を提出したのは7月27日のこと。今、この問題がテレビのワイドショーなどでは大きな話題になっています。

今回、告発により明るみになった日本ボクシング連盟の腐敗ぶりは、日大アメフト問題やレスリング協会の前強化本部長によるパワハラ問題と類似点は多いですが、決定的に違う点があります。

決定的に違う点は、その「ルール違反」と「恐怖政治」が全国組織に及んでいたこと。私が一番ショックを受けたのは、7年以上にわたって行われてきたこの蛮行が、2度目の夏季オリンピック開催を目の前に控えた先進国・日本で行われていたということです。

「、、、そろそろ潔く辞めましょう」

2013年2月2日夜、大阪市内のホテルで(写真:共同通信)

WBA世界ミドル級王者・村田諒太氏は自身のフェイスブックで「、、、そろそろ潔く辞めましょう。悪しき古き人間たち、もうそういう時代じゃありません」「新しい世代に交代して、これ以上、自分たちの顔に泥を塗り続けることは避けるべきです」と、痛烈に日本ボクシング連盟を批判しています。

次ページルール違反は自殺行為
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT