今さら感ある「定借」が、実は結構お得な理由

パナソニックが考える「ゼロ円」にならない家

定借なら、一戸建ての新たな住み方もできる。たとえば、子どもがいる間はここに住み、夫婦2人、あるいは高齢になったら貸して、ほかの場所に住む。これまでは「家を買ったら生涯そこに住み続ける」という考え方が主流だったが、今後はその時々の自分のライフスタイルに合わせて住むという選択肢があってもいい。

親世代の不動産が空き家化し、負担になる時代であることを考えると、使えるときだけ使う「使用より利用」という考え方は十分ありうる。55年所有することを考えて作られている家なら、自分たちで使わなくなっても長期に賃貸としても活用できるはずである。

小規模だけに人間関係が重要に

問題をもうひとつ挙げるとすれば、コミュニティの運営や戸建ての管理だろう。6軒という規模を考えると人間関係は大きな意味を持つ。その懸念も購入をためらわせる要素となりうる。事前に購入希望者を募るなどあらかじめ人間関係を構築するきっかけを作るようなやり方はできなかったか。

管理については当初2年間の植栽の管理は同社の手配で行われることになっているが、以降は購入者で作った管理組合が資産価値維持を考えていくことになる。マンションのような大規模修繕があるわけではなく、比較的難易度は低そうだが、マンションでの管理組合参加を嫌って、一戸建てを選ぶ人もいる。どのような人が購入するかはここでも問題だろう。

パナソニックは、タウンマネジメント、リユースや再販も含めてこのプロジェクトを継続ビジネスと見ているとするが、どこまできちんとかかわっていけるかも、課題として残る。

懸念はほかにも挙げられるし、長く価値を維持し続ける欧米の住宅と、わが国のそれの違いに詳しい人ならさらに多数を指摘するだろう。だが、定借にアレルギーを持つ人が少なくない中、100%理想が実現できないなら何もしないというより、理想には届かないところがあっても実現を目指すという姿勢は評価されてもいいのではないか。

もちろん、このプロジェクトが今後も続けられることがその前提だ。逆にこれ1回で終わるのであれば評価はできない。多くの反対を販売、企画・建築設計、建築施工という複数部署が連携することで押し切っての事業と聞く。日本の住宅を豊かにするという高い目標が一朝一夕に、ひとつのプロジェクトで実現するとは思えないが、匍匐(ほふく)前進でいい、少しずつ近づいて行ってもらいたいものである。期待する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。