鹿島の社長が「横浜市立南高」に回顧する青春

家計を支える苦労はあったが周囲に恵まれた

鹿島の押味至一社長が高校時代を振り返る(撮影:今井 康一)
名門高校には、偏差値や大学進学実績だけでは測れない何かがある。伝統が生み出す独自の校風、質の高い授業や指導体制、優秀な生徒が集まり切磋琢磨する雰囲気、卒業生のネットワークなどだ。8月6日発売の『週刊東洋経済』で特集した「ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究」取材班から5回にわたって、名門校で育った企業トップたちの高校時代に迫るリポートをお届けする。
第2回は横浜市立南高校に通った鹿島社長の押味至一氏。

実家は横浜の井土ヶ谷というところでミシン加工屋をやっていて、中華街向けに中国の民族衣装を仕立てる仕事をしていました。ただ、私が中学生の時に親父が倒れまして、寝たきりになって仕事ができなくなってしまったんです。そこで私も働きに出ることになりまして。平日は毎日新聞配達、休日は郵便局で郵便の仕分けをしていました。

奨学金を借りて何とか公立高校に入った

中学3年生になって進学するかどうかを相談したとき、親父が「高校ぐらい卒業しなきゃだめだ」と。奨学金を借りれば何とか公立高校に入れるので、中学の学区の中にあった横浜市立南高校に進学しました。皆から「なんこう」と呼ばれています。今でこそ中高一貫校になって、進学実績も伸びていますが、当時は東大がせいぜい1人2人出るかどうかで、進学実績も大したことはなかったんですよ。

週刊東洋経済8月6日発売号の特集は「ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

高校の特色?何だろう、フォークダンスが盛んだったかな。野球は強くなかったし……(笑)。われわれの世代はいわゆるベビーブームで、1クラス50名くらいで、それが11クラスもあったんです。中学は17クラスもありましたよ。まったく、すごい時代でした。

ただ、いわゆる浮ついた高校生活ではなかったですね。高校進学後も新聞配達は毎日続けていましたし、ヤクルトの配達もやったかな。小学生に週2回勉強も教えていました。横浜では港がありますから、夏休みには泊まり込みで、沖仲仕(おきなかし)という荷物の揚げ卸しをしていました。

晩ご飯を食べさせてもらったあと、夜6時くらいかな、自動車工場のある追浜などに向かうんです。船に積んだ車が揺れでぶつからないように、タイヤ同士の間に60センチくらいの突っ張りを入れるんです。切った角材に蝶つがいを入れてね。

私らみたいな小僧っ子は、突っ張りをかける大工さんを手伝うんです。そうすると、夜が更けてだいたい深夜2時くらいにマイクロバスに乗りこんで、簡易宿舎まで送ってもらうんです。その間は家に帰っていません。ただ、一緒に働いている学生がたくさんいたので、特別辛いと感じたことはなかったですね。

次ページ高校生活の楽しかった思い出は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT