ソフトバンク孫社長「AI群戦略」独演会の全容

無風の決算発表は「フリートーク」に終始

ただ、AI時代のライバルも手強い。米グーグルや米アマゾンといった巨大なIT企業も、それぞれ検索エンジンやEC、クラウドサービスから膨大なデータを吸い上げ、技術革新に向けた投資を重ねている。

「AIが恐ろしい勢いであらゆる産業にやってくるなら、自分たちで新卒社員を集めて(育てて)、わかる範囲の分野だけをやっていても間に合わない」。孫社長はライバルと競争するためのスピード感の重要性に触れた。「だからAI群戦略を実施する。グループ内でシナジーを促して助け合い、協力し合って新しい革命を起こす。1社で完結できるほど甘いものではない」と持論を展開した。

AI時代はチップと通信インフラが重要に

具体的なシナジーとは何なのか。孫社長は傘下の英アームの半導体のチップを一例に挙げた。「今後は出荷されたチップから勝手にデータを収集し、分析する時代がやってくる。データによって、あらゆるものを今よりも最適化できる」「地球全体をスマート化する。クラウドとのやり取りはリアルタイムで、(次世代高速通信規格の)5Gネットワークは不可欠だ。通信を得意とするわれわれは、通信インフラを最大限活用する」などと説明した。

孫社長は自らが買収を主導した半導体メーカー「アーム」の重要性を強調した(撮影:梅谷秀司)

孫社長はさらに、「(この構想で)カギとなるのはアームのほか、(SVFが出資する)米エヌビディアをはじめとする、クラウドやAIが不可欠な時代に重要になる会社だ」としたうえで、「ソフトバンクがエヌビディアに出資したり、アームを買収したりした当時は、多くの人が『なぜ?』とチンプンカンプンだったと思うが、その時点で私は50手先を打ちに行っていた。今回はそのうちの何手かを解説した」と語った。そして設立から2年経つSVFについて、「大変重要なタイミングで作れた」と自賛も忘れなかった。

AIにアクセルを踏むSBGは間もなく、大きなターニングポイントを迎える。この年度末に控えるのが、SBGの中核、携帯子会社ソフトバンクの上場だ。

「スティーブ・ジョブズがiPhoneを発表する前から『スマホの時代』を予感し、ボーダフォンを買収(2006年)して私の体重(費やす時間)を完全に移した」と孫社長は通信企業としての成長を振り返り、「同じことをもう一度やる。まだ売り上げにほとんど貢献していないAIに完全に体重移動した。それがビジョンファンドとしての取り組みだ」と力を込めた。

8月11日に61歳になる孫社長の野望は、今後ますます多くの注目を集めそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。