「億り人」を目指す人がハマる3つの落とし穴

なぜ「必ず儲かりそう」と考えてしまうのか

2つめの「落とし穴」は仮想通貨で大失敗するパターンです。

33歳独身B男さん。メーカー勤務、年収500万円のケース。

B男さんは、一般メーカーに勤務するサラリーマン。年収は500万円です。職場環境に特に不満はなかったそうですが、毎日淡々と仕事をこなすだけの人生がつまらなく思え、早期退職してもっと人生を楽しみたいと思っていたそうです。そんな時、仮想通貨で1億円の資産を稼いだという「億り人」がたくさんいることをニュースで知り、自分もワンチャンスを生かして大儲けできるのではないかと思い、仮想通貨に投資しようと決心したとのこと。

ビットコインを高値づかみしてしまった

B男さんは、ほぼ全財産といってもいい150万円の貯金を仮想通貨に投資。内訳は、150万円を仮想通貨であるビットコインとリップルに半分ずつです。仮想通貨に投資したタイミングは2017年12月初旬。12月はビットコインが一時1単位250万円の値をつけるほどの勢いがあり、書店にもビットコイン関連の書籍や雑誌がたくさん出始めた時です。

相談時は、ビットコインの価格は100万円を切るかどうかというタイミングでした。当然ながら、B男さんの仮想通貨の資産は半分以下に。ほぼ全財産を投資していたので、換金するにもできない(したくない、すれば損が確定してしまう)状態です。

大きな資産を築くには、人生のどこかである程度集中的にリスクを取るべき時があってもいいとは思いますので、B男さんの気持ちはわからないではありません。筆者もFX、株、投信、仮想通貨、金など幅広く金融資産に投資していますが、特にFXや株が大好きで、一時期に集中してリスクを取ったことがあります。

B男さんがうまくいかなかったのは、よく調べもせずに、そしてまだ投資をしたこともないうえ、タイミングを考えず全財産を投じてしまったことです。「まだ始めたことがないから、少額から投資しよう」ならわかります。スポーツでも同じように、やり方やルールがわからないのに、いきなり試合に出ては大怪我の元です。

つねに大きなリスクを取るのではなく、どこかのタイミングでの集中投資は必要だとは思いますが、そのためには、練習期間を設けることです。少額で積立投資をしてもいいかもしれません。

次ページ仮想通貨は上がり続けてくれなかった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。