貯金したいならやってはいけない3つのこと

おカネが増えない人はこれで失敗している

「おカネを増やしたいのに、うまくいかない」。そんな人は「やってはいけない3つのこと」をしていませんか?(写真 : 【IWJ】Image Works Japan / PIXTA)

世の中には資産運用やおカネを増やすためのテクニックを書いた本はたくさん出ています。いずれも、それなりにうなずけることも多いのですが、実は「これをやれば絶対にうまくいく!」とか「絶対儲かる!」というものはありません。

「やってはいけない3つのこと」とは?

ところが「これをやると失敗する!」「これだけはやってはいけない!」ということはあります。それらはいずれもシンプルなことばかりです。人に言われたら「そんなこと当たり前だ」と思うようなことなのですが、実際に自分がそういう局面になってみると、意外と気付かずにハマってしまいがちです。

それは一体どういうことかというと、以下の3つです。

1.人に頼ったり任せてしまうこと
2.「うまい話」に乗ってしまうこと
3.無理をすること

本当に「この3つ」に尽きると言っていいでしょう。個人投資家を40年以上にわたって見てきた私の経験から、極めて重要だと思われるこの3つのことがらについて考えてみましょう。

1.人に頼ったり任せてしまうこと

長年にわたって個人投資家が株式投資でとる行動を見ていると、明らかなことが一つあります。それは儲かっている人はほとんどみんな「自分で考えて判断している」ということです。逆に人に「何を買えば儲かりますか?」と聞いている人で、儲かっている人は見たことがありません。これは投資に限らず、すべてのビジネスにおいて共通することでしょう。

考えてみてください。これが結婚や転職のような重大なことを決める場合、その意思決定を簡単に人に委ねるようなことをしますか? 「誰と結婚したら良いか教えてください」とか、「転職すべきかどうか、私に代わって決めてください」などとは絶対に考えないはずです。

次ページ「心の片隅」に「他人に依存する気持ち」がある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT