「億り人」を目指す人がハマる3つの落とし穴

なぜ「必ず儲かりそう」と考えてしまうのか

A男さんは、手始めにクレジットカードを利用して50万円分入金しました。運悪く初めての海外FXは惨敗……。そこで、損失を取り返そうとまたしてもクレジットカードで50万円を入金。それもうまくいかず、また50万円を入金。それもうまくいかずにまた50万円を入金と繰り返しているうちに気がつけば、200万円もの借金を抱えることに。返済はリボ払いを選択。

「負けたら借金」は、冷静な判断がつきにくくなる

ちなみに、A男さんは、クレジットカードを4枚もっていたのですが、どのクレジットカードも利用限度額が50万円となっていたため、それぞれのクレジットカードで限度額の50万円ずつ入金したそうです。

結局、一発逆転を夢見て挑戦した海外FXでしたが、200万円の借金返済だけが残る結果となってしまいました……。また、毎月定額で支払えるということだけで、リボ払いを選択していたので、多額の利息返済に追われることになってしまいました。現在は、借金を繰り上げて返済するようにし、残すところ100万円の借金になっています。

ところで、A男さんはうまくいったら、億万長者になれていたでしょうか? 筆者は決して思いません。何も知らずにテーブルに乗り、自分の取引ルールも作らずにやっているだけでは一生カモのままです。仮にラッキーパンチで100万円、200万円儲かったとしても、すぐにそのお金はなくなることでしょう。

FXの仕組みを理解し、また投資に対する自分のルールを設定のうえ、行うことができれば、お金を失わずに取引できていたのではないでしょうか。また、借金で投資するのはまずかったでしょう。「負けたら文無し」ではなく、「負けたら借金」は冷静な判断がつかず、どんどんリスクをとる結果になりがちです。

最初の50万円を失った時に、なぜダメだったのか、次はどうすべきか、冷静な頭で判断できれば、このような結果にはなっていなかったのではないでしょうか。筆者も痛い経験をたくさんしてきましたが、投資は感情との戦いだと思います。

次ページ仮想通貨で「億り人」を目指したのに…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT