「お茶」と世界の歴史の意外にも深すぎる関係

アヘン戦争やアメリカ独立戦争の裏側にも

こうしてイギリスは、中国に頼らずに紅茶を自給することに成功した。そしてインドは、世界一の紅茶の生産地になっていく。

チャによって伝統的な織物業を失ったインドは、このように紆余曲折を経た結果としてチャによって経済を復興させていく。

カフェインの魔力

こうして世界はチャの魔力に翻弄されていく。

アメリカの独立戦争の引き金となったチャ。それにしても、チャには戦争を引き起こすまでの魔力があるのだろうか。

この魔力の元凶こそが、チャという植物が含むカフェインだった。

カフェインは、アルカロイドという毒性物質の一種で、もともとは植物が昆虫や動物の食害を防ぐための忌避物質であると考えられている。このカフェインの化学構造は、ニコチンやモルヒネとよく似ていて、同じように神経を興奮させる作用がある。そのため、チャを飲むと眠気が覚めて、頭がすっきりする。まさに毒と薬は紙一重ということなのだ。

弱いとはいえ、本来カフェインは脳神経に作用する有害な物質なので、人体はカフェインを体外に排出しようとする。チャを飲みすぎるとトイレに行きたくなるのは、そのためなのである。

『世界史を大きく動かした植物』(PHP研究所)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

チャはツバキ科の植物である。そのため、ツバキの葉っぱとチャの葉っぱとはよく似ている。しかし、古人は無数の植物の中からチャの葉を選び出した。化学も発達せず、分析機械のなかった時代に、経験だけでカフェインのある葉を選び出した。

カフェインは、名前のとおりCoffee(コーヒー)から見出された物質である。

コーヒーの原料となるコーヒーノキはアカネ科の植物であるが、コーヒーノキもカフェインを含む。

世界3大飲料として紅茶、コーヒー、ココアが挙げられるが、その原料となるチャ、コーヒーノキ、カカオは、すべてカフェインを含む物質である。

植物が持つカフェインという毒は、古今東西、人間を魅了してきた。そして、カフェインを含むチャもまた、人間の歴史を大きく動かしてきた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT