「お茶」と世界の歴史の意外にも深すぎる関係

アヘン戦争やアメリカ独立戦争の裏側にも

中国では、チャは仏教寺院で盛んに利用されるようになる。唐代になると禅が盛んになる。座禅のときの眠気覚ましの薬として、チャが用いられる。

ただし、薬として飲むのであれば、煎じて飲むよりも、粉末にしてそのまま飲むほうがいい。そのため、宋代になるとチャの粉をお湯に溶いて飲むようになった。これが抹茶である。

この宋代に、日本からは中国の寺院に留学僧たちが学びに来ていた。そして、日本に帰国した留学僧たちは、チャの種子と抹茶の技術を日本に持ち帰った。特に臨済宗の開祖である栄西は『喫茶養生記』という書物を著し、広くチャを広めたため、茶祖と呼ばれている。

こうして日本の寺院でも中国に倣って抹茶が飲まれるようになった。

ところが、である。その後、本場の中国では「抹茶」が絶えてしまった。

時代は、宋代から明代へと移り変わっていった。

明の初代皇帝、洪武帝は、貴族や富裕層の飲み物であったチャを庶民に広めるために、手間を掛けて固形に固めることを禁止し、茶葉で簡単に飲むことができる「散茶」を広めた。そのため、中国では抹茶は廃れてしまった。

まさに、抹茶は日本に渡って生きながらえたのだ。そして抹茶は、日本のわび・さびと結び付いて「茶道」という独特の進化を遂げる。

この極東の島国で特異な進化を遂げた抹茶は、やがてはユーラシア大陸の反対側の西洋の島国にも影響を与えていくのだが、それはイギリスにチャが伝わる名誉革命まで待つことになる。

産業革命を支えたチャ

16世紀になり、ヨーロッパと中国の交易が行われるようになると、福建省の港から海路でチャが運ばれていった。福建省では「茶」を「テ」と発音する。これが、ヨーロッパでは「ティー」となった。

現代の工業化社会は、18世紀のイギリスでの産業革命に始まると言われている。

産業革命により生まれたのは、単に安価な綿織物という商品だけではない。

工場労働者という新しい階級が生み出された。この労働者たちが好んで飲んだのが紅茶である。

イギリスでは、赤痢菌など水が媒介する病気の心配があった。そのため、農業労働者たちは、水の代わりにビールなどのアルコール類を飲んでいた。

しかし、休みなく動く機械とともに工場で働く労働者たちは、ほろ酔いで働くわけにはいかない。チャは抗菌成分を含むので、十分に沸騰していない水で淹れても病気の蔓延を防ぐことができる。しかも眠気を覚まし、頭をすっきりさせてくれる。そのため、労働効率を上げるのに最適な飲み物だった。

次ページ独立戦争はチャが引き金となった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT