大学時代の先輩からの保険勧誘は大丈夫か

生保の「GNP営業」を受け入れる人の末路

つまり、保険会社の営業職は、そのほとんどが「あなたの人生のお金についてのアドバイザーではない」ということです。彼らの仕事は、あくまで保険を販売することです。顧客の最善の利益のために働いているのではなく、売るために営業をしているのです。この点を理解すべきです。特に、顧客にとっての利益ばかりを強調するような「まやかしのセールストーク」に乗せられてはいけません。

そして、保険営業の方にもぜひお伝えしたいのです。プロならプロらしく、商品性、商品のリスクとコストをしっかりと伝えてください。デメリットまで理解してもらった上で、契約をしてください。

保険は途中で解約すると大損します。顧客が「こんなはずじゃなかった」と途中で解約するようなことにならないようにしてください。保険会社にとっても解約されると損でしょう。そうならないために、説明責任を果たしてください。

「保険の鉄則」とは何か

もちろん、私たち消費者も、気をつけることはあります。相談を受けていると、多くの人が、「自分にとって都合の良いことだけしか聞いていない」ことに気がつきます。

例えば、「定期貯金に預けていても全くお金は増えませんけど、外貨建て保険だったら、金利が高いので15年後には返戻率が120パーセントになるみたいです」という理解をしていたりします。

ここでいう「120%」はあくまで外貨ベースでの返戻率であることはすっ飛んで、頭に残っているのは、「いいこと」だけなのです。円安に賭けていると言えばそれまでですが、今後の為替変動によっては、高い利率も吹き飛んでしまいます。

主観だけで判断しないで、客観的に商品を見てください。保険営業の人は、自社の商品についてのセールスのプロであるだけで、あなたの人生のお金のアドバイスをしてくれるプロではありません。何が本当に必要なのかは、あなた自身にしかわかりません。

勧められるままに買うのではく、本当に必要なのか、自分にとってもっとも相応しい商品なのか、他の商品と比較検討して、自分で選んでください。そもそも内容を理解できない金融商品は買うべきではありません。保険は、必要な保障をなるべく安く、必要最低限を持つこと。貯蓄と保障は別に考えること。これが鉄則です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。