「不機嫌な40代」が職場をむしばむ根本理由 実は貫録なんてないほうがいいかもしれない

拡大
縮小
40代になったら普通にしていても不機嫌に見えてしまう?(写真:新潮社写真部)
自身が住むアパートの大家さんとの何げないやり取りを描いたマンガ『大家さんと僕』。同作の著者、お笑い芸人のカラテカ・矢部太郎さんが持つ穏やかな雰囲気も話題となっています。今回は『不機嫌は罪である』が話題となっている明治大学文学部の齋藤孝教授と、ニッポンの職場における「不機嫌・上機嫌問題」について語り合いました。

40歳過ぎたら全員、“不機嫌”と思え

矢部:僕、今年で41歳になったんですけど、先生の著書『不機嫌は罪である』を読んだらびっくりしたんです。いきなり「男性は40歳過ぎたら、普通にしてても不機嫌に見えると思った方がいい」と書いてあって。

齋藤:40歳を過ぎた男性の“普通”って、すでに不機嫌なんです。実際に不機嫌じゃなくても、不機嫌に「見えている」。講演会で、一度に何百人もの中年男性を前に話すことがあるんですが、反応が重くて(笑)。同じ内容を女性に話したら何回も爆笑が起きるのに、男性はシーン……。飲み会でも、ムスッとしたおじさんが帰るとすごくリラックスすることがありませんか?

矢部:確かに不機嫌な人といると疲れます。でも、大人の貫禄もつけたいなぁ……。

齋藤:実は貫禄がないほうが、かえって相手にプレッシャーも与えなくて良かったりするんですよ。

矢部:僕も芸歴20年以上なのに、子どもにさえナメられます。

齋藤:でもナメられるのって、今の時代プラスだと思うんです。子どもが近寄ってくるんでしょう? 怖がられないのは、イコール品のよさ、親しみやすさでもあるんじゃないでしょうか。不機嫌なおじさんに子どもは近寄りませんから。

矢部:仕事でも、機嫌の悪そうな先輩には話しかけづらいですね。

次ページ上機嫌でいることは今や「職務」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT