「不機嫌な40代」が職場をむしばむ根本理由

実は貫録なんてないほうがいいかもしれない

齋藤:そういえば、手塚治虫文化賞の贈呈式での矢部さんのスピーチは、非常に印象的でした。矢部さんは、事あるごとに大家さんから「矢部さんはいいわね、まだまだお若くて何でもできて。これからが楽しみですね」と言われていた。その言葉を聞くうちに、本当に何でもできるような気がしてきたとおっしゃっていましたね。

矢部:90歳近い大家さんにしたら、確かに僕ってまだまだ若い。だから当時、本当は38歳なのに、18歳だと思い込むようにしました。そしたらふっと「何でも挑戦できるし失敗もできる」と前向きになれたんです。大家さんの言葉があってこそ、マンガにも挑戦できた気がします。

若くて元気な学生といることで、若返ってくる

齋藤:余計なものをスッパリ断って「自己肯定」すれば、チャレンジ精神も自然と湧いてきます。僕の場合は矢部さんと逆で、いつも一緒にいるのが大学生なんですよ。1年生から教え始めて、22歳まで育てたと安心したら、新学期になったとたん相手が18歳に逆戻り。いつも僕だけが実年齢的に年をとって、相手は永遠に若さを保っているんです。すると、何が起きるか。若くて元気な彼らと一緒にいることで、僕自身も若い気がしてくる(笑)。

矢部:まるで若返り装置!

『不機嫌は罪である』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

齋藤:そんな環境だからつねに上機嫌なんです。昨日も授業後にエレベーターを待ってたら「先生っていつもハッピーですねぇ」と学生にあきれられました。ただ体を動かしながらエレベーター待ってただけなのに。

矢部:いや、それは「ハッピー」です(笑)。何かいいことあったんですか?

齋藤:特にないんですけど、僕は授業するだけで機嫌がよくなるんですよ。楽しくてノリノリになっちゃうんですよね。

矢部:ノリノリなのはともかくとして(笑)、先生の上機嫌さは学生にも伝わるかもしれませんね。

次ページ高圧的な態度で人を動かす時代は終わり
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT