「不機嫌な40代」が職場をむしばむ根本理由

実は貫録なんてないほうがいいかもしれない

齋藤:理由もなく不機嫌な顔をしたり、下の人に無理やりハッパをかけたりしても悪循環になるだけです。セクハラ、パワハラも社会問題になっていますし、高圧的な態度で人を動かす時代はもう終わりと思ったほうがいいでしょうね。

昔は「北風」で部下が動いていたのかもしれませんが、今は「太陽」のように穏やかでニコニコした人のもとで働きたい人がほとんどでしょう。威張らず、柔らかく、上機嫌に部下に接してみる。それは仕事を円滑に進めるために大変有効ですし、結果として自分自身のアンチエイジングにもなるんですよ。

名物塾講師が1年間同じ型の服を着続けたのは

矢部:「上機嫌が人を動かす」という意味では、僕にとっては大家さんがまさにそういう存在だったんですね。安定して上機嫌な大家さんと接することで、こちらも気分が上向きなまま自分の仕事に打ち込めた気がします。

齋藤:安定感のある人といると自分も安心しますよね。駿台予備校の英語講師で、伊藤和夫先生という名物教師がいました。『英文解釈教室』などの参考書で有名な方で僕も授業を受講していたのですが、彼は1年間、まったく同じ型の服を着ていたんです。授業の口調も一定。不思議に思っていたらあるとき、「私は職業倫理でそうしています」とおっしゃった。つまり、教師も人間なので感情の起伏はあるけれど、そんなことは生徒に関係ない。だからできるだけそれを見せないよう、つねに一定の状態で接するんだと。

『大家さんと僕』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

矢部:ズボラなのかと思いきや、実はそれによって周囲を安心させていたんですね。

齋藤:その意味で矢部さんの大家さんの持つ「安定した上機嫌」は、今こそ必要とされていると思うんです。つねに上機嫌でいることが人を前向きに動かし、働きやすい環境を作り出す。ビジネスマンが目指すべき理想像は、大家さんかもしれませんね。

矢部:まさか大家さんの上機嫌がビジネスに役立つとは! 先生の『不機嫌は罪である』も働くすべての人に読んでほしいです。不機嫌な人が1人でも少なくなれば……とりあえず、ほんこんさんにはマストで読んでもらいます!(笑)

(構成:出来幸介)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT