職場の20代が「経営批判」を始めた時の対処法

「経営は現場のことわかってるんですか?」

先のことわざで言えば、象の耳を触っている人は「象は平たい生き物」と言い、鼻を触っている人は「長い生き物」と言う。しかし、ご存知の通り、象はそのどちらでもなく、複合的な要素を持った集合体です。組織も同じです。

「経営陣は現場を理解していない」というのは、「経営陣は自分のことを理解していない」を過度に一般化させ、「現場で働く人全般をわかっていない」と言っていることがほとんどです。

その証拠に、「具体的な事例を挙げてもらえますか?」と続けて聞けば、よくて数個、たいていは1、2個しか事例は出ません。つまり、後の「現場わかってない感」は妄想なわけです。

どうやっても絶対に不満分子が出てしまう

しかも、経営陣というものは、当然ながら会社全体のことを考えて、物事を判断します。事業や部署の一部分だけを見て、そこに最適化した判断などすることはありません。

そうなれば、どんな判断を行っても、絶対に不満分子が出てきます。一番わかりやすいのは人事評価制度などで、配分する報酬原資は一定なのですから、誰かを高く評価して高い報酬を支払うためには、誰かを低く評価して報酬を下げなくてはなりません。

下げられた方は、どんな理由をフィードバックされたとしても、心底納得いくことは少ないでしょう。いろいろな研究でも実証済みですが、人は他者評価よりも、自己評価の方が随分高いのです。

また、全体最適は、ある一時点での会社全体での最適というだけではなく、未来の会社まで含めた最適を考える場合もあります。

今をある程度犠牲にして、素晴らしい未来を得るというのは悪い考えではありません。投資のないところに、リターンは無いのですから。

次ページオッサン世代はどうすればよいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。