20代とのカラオケで40代が味わう悲哀の正体

20代は職場の年長者をどう見ているのか

カラオケで実感する「世代間の隔たり」はビジネスリテラシーの違いにも及んでいる
30代~40代のビジネスパーソンは「個を活かしつつ、組織を強くする」というマネジメント課題に直面している。ときに先輩から梯子を外され、ときに同僚から出し抜かれ、ときに経営陣の方針に戸惑わされる。しかし、最も自分の力不足を感じるのは、「後輩の育成」ではないでしょうか。
20代の会社の若造に「もう辞めます」「やる気がでません」「僕らの世代とは違うんで」と言われてしまったときに、あなたならどうしますか。ものわかりのいい上司になりたいのに、なれない。そんなジレンマを解消するために、人材と組織のプロフェッショナルである曽和利光氏から「40代が20代と付き合うときの心得」を教えてもらいます。

20代とのカラオケで感じる底無しの寂しさ

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

さて、今回のテーマは「世界」です。20代の若者も、我々オッサン世代も、物理的には確かに同じ世界を生きています。しかしながら、同じ空気を吸って、同じものを見ているようでいて、どうも実際には全く違うものを感じているようです。

例えば私にとっては学生時代を過ごした京都の白川通はラーメンの天下一品本店や餃子の王将があったりする食欲をそそる通りでしたが、妻にとっては雑貨屋さんやカフェが街路樹のそばに立ち並ぶおしゃれ通りという認識でした。こんな風に人は、同じ時間、同じ空間を過ごしながらも、決して交わることのないパラレルワールドに住んでいることもあるのです。

若者とオッサン世代がパラレルワールドに住んでいることを最も実感するのがカラオケです。何にも特別な工夫をすることなく、思いがけず20代の若者とカラオケをすることになってしまうと、オッサン世代は地獄を味わうことになります。若者たちがテンション高く歌う歌は、きちんと意識していたならば街のどこかで聴いていたのかもしれないですが、おそらくオッサン世代には全く知らない歌ばかりでしょう。

結局、若者のノリについていけず、私は底無しの寂しさに襲われます。逆に、自分がなじんでいる歌を歌っても、若者たちは知りません。そういう目に会いたくないので私は若者とカラオケをすることになってしまったら、ギリギリ両方が知っている「90年代の曲しばり」でしかやりません。

次ページ情報から疎外されてしまう可能性も?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。