「どろんこサッカー選手権」で優勝したのは?

細い体と長い脚が有利

(写真:Lehtikuva/Kimmo Rauatmaa/via REUTERS)

[ヘルシンキ(ロイター)]- ロシアで開催されているFIFAサッカーワールドカップ。世界中のサッカーファンが最終決戦に向けて準備するなか、フィンランド北部の沼地では7月14日、本家のサッカーよりも泥まみれになるサッカー選手権の優勝チームが決定した。

フィンランドの小さな町、ヒュリンサルミで行われた第19回どろんこサッカー選手権の決勝戦では、ロシアの「レイクス・プロフィ」がフィンランドの「ホースティン・ホンケイズ」をPK戦で下し、2大会連続の優勝を決めた。

「とてもタフなスポーツ」

ロイターに対し、主催者のキンモ・クッハラ氏が語ってくれた。「股まで泥につかることもあります。ピッチの場所によっては、水分が少ないところもありますが。とてもタフなスポーツで、細い体と長い脚が有利に働きます。沼の中でムースのようにすばやく動けなければ、良い選手とはいえません」。

トーナメントには165チームが参加した(写真:Lehtikuva/Kimmo Rauatmaa/via REUTERS)

トーナメントに出場した165チーム、およそ2000人の選手の大半がフィンランド、ロシア、スウェーデン、ドイツ出身だ。

泥んこサッカーは10分ハーフで行われ、ピッチでプレーするのは各チーム6人。選手たちは試合後、体にこびりついた泥をサウナや沼地の池で洗い流し、近くで開催されるスワンプ ロック フェスティバルに向かう。

クッハラ氏は言う。「泥んこサッカーはとても和やかなイベントです。トップカテゴリーのチームは勝利を意識する傾向にありますが、仕事仲間でチームを作り、ただ楽しむために参加する人もいるかもしれません」。

クッハラ氏によると、ロシアは本家ワールドカップの開催に併せ、今大会を同国で開催することに興味を示したが、ヒュリンサルミは伝統に固執したという。

泥んこサッカーは、フィンランドのスキー選手らが強化トレーニングの一環として、沼地を走ったことに由来する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。