「どろんこサッカー選手権」で優勝したのは?

細い体と長い脚が有利

(写真:Lehtikuva/Kimmo Rauatmaa/via REUTERS)

[ヘルシンキ(ロイター)]- ロシアで開催されているFIFAサッカーワールドカップ。世界中のサッカーファンが最終決戦に向けて準備するなか、フィンランド北部の沼地では7月14日、本家のサッカーよりも泥まみれになるサッカー選手権の優勝チームが決定した。

フィンランドの小さな町、ヒュリンサルミで行われた第19回どろんこサッカー選手権の決勝戦では、ロシアの「レイクス・プロフィ」がフィンランドの「ホースティン・ホンケイズ」をPK戦で下し、2大会連続の優勝を決めた。

「とてもタフなスポーツ」

ロイターに対し、主催者のキンモ・クッハラ氏が語ってくれた。「股まで泥につかることもあります。ピッチの場所によっては、水分が少ないところもありますが。とてもタフなスポーツで、細い体と長い脚が有利に働きます。沼の中でムースのようにすばやく動けなければ、良い選手とはいえません」。

トーナメントには165チームが参加した(写真:Lehtikuva/Kimmo Rauatmaa/via REUTERS)

トーナメントに出場した165チーム、およそ2000人の選手の大半がフィンランド、ロシア、スウェーデン、ドイツ出身だ。

泥んこサッカーは10分ハーフで行われ、ピッチでプレーするのは各チーム6人。選手たちは試合後、体にこびりついた泥をサウナや沼地の池で洗い流し、近くで開催されるスワンプ ロック フェスティバルに向かう。

クッハラ氏は言う。「泥んこサッカーはとても和やかなイベントです。トップカテゴリーのチームは勝利を意識する傾向にありますが、仕事仲間でチームを作り、ただ楽しむために参加する人もいるかもしれません」。

クッハラ氏によると、ロシアは本家ワールドカップの開催に併せ、今大会を同国で開催することに興味を示したが、ヒュリンサルミは伝統に固執したという。

泥んこサッカーは、フィンランドのスキー選手らが強化トレーニングの一環として、沼地を走ったことに由来する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。