ハーレーの愛好家がプラハに集結したワケ

創業115周年を記念、集まった愛好家6万人超

 7月7日、米国のオートバイメーカー、ハーレーダビッドソンの創業115周年を記念して、世界で最も古い90年前にハーレーダビッドソン・クラブが設立されたプラハに、世界中から愛好家数万人が集結した(2018年 ロイター/David W Cerny)

[プラハ 7日 ロイター] - 米国のオートバイメーカー、ハーレーダビッドソンの創業115周年を記念して7日、世界で最も古い90年前にハーレーダビッドソン・クラブが設立されたプラハに、世界中から愛好家数万人が集結した。

イベントは4日間にわたり、本拠地の米ウィスコンシン州ミルウォーキー以外で行われる年次行事としては最大規模。ミルウォーキーでも、8月末に同様のイベントが開催される。

主催者によると、プラハには、ポーランド、米国、中国など世界70カ国以上から、バイク愛好家6万人超と4万人の見物客が訪れている。

7日には、抽選で選ばれた4000人が、デニムにヘルメット姿でバイクにまたがり、パレードで市中心部を走行した。

創業者の1人のひ孫に当たるカレン・ダビッドソンさんは、「ハーレー・ダビッドソンのブランドは、世界中の多くの人にとって強い威力を持っている」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。