ハーレーの愛好家がプラハに集結したワケ

創業115周年を記念、集まった愛好家6万人超

 7月7日、米国のオートバイメーカー、ハーレーダビッドソンの創業115周年を記念して、世界で最も古い90年前にハーレーダビッドソン・クラブが設立されたプラハに、世界中から愛好家数万人が集結した(2018年 ロイター/David W Cerny)

[プラハ 7日 ロイター] - 米国のオートバイメーカー、ハーレーダビッドソンの創業115周年を記念して7日、世界で最も古い90年前にハーレーダビッドソン・クラブが設立されたプラハに、世界中から愛好家数万人が集結した。

イベントは4日間にわたり、本拠地の米ウィスコンシン州ミルウォーキー以外で行われる年次行事としては最大規模。ミルウォーキーでも、8月末に同様のイベントが開催される。

主催者によると、プラハには、ポーランド、米国、中国など世界70カ国以上から、バイク愛好家6万人超と4万人の見物客が訪れている。

7日には、抽選で選ばれた4000人が、デニムにヘルメット姿でバイクにまたがり、パレードで市中心部を走行した。

創業者の1人のひ孫に当たるカレン・ダビッドソンさんは、「ハーレー・ダビッドソンのブランドは、世界中の多くの人にとって強い威力を持っている」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。