最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

「1分で話せ」が5週連続で1位を獲得!

『1分で話せ』の快進撃が止まらない(画像:hilite / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、7月1~7日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『1分で話せ』が5週連続の1位を獲得

今週は『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』(伊藤羊一著、SBクリエイティブ)が5週連続で1位を獲得した。7月7日の「日本経済新聞」広告掲載で、注文が多く集まったという。

前週78位から11位まで躍進したのが『「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェア№1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」』(佐々木大輔著、日本実業出版社)だ。7月2日に東洋経済オンラインで紹介(爆発的な結果を出す人は「3カ月」を意識する)され、注目が集まった模様だ。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
三越伊勢丹の海外店舗<br>公的資金の引き揚げの内幕

三越伊勢丹HDの「伊勢丹 ザ・ジャパン・ストア」をめぐって、あきれた内実が判明。この店舗には官民ファンド「クールジャパン機構」も出資。公的資金の使途として適正だったのか?