米中貿易戦争が日本に「飛び火」するリスク

トランプが自動車にイチャモンをつけたら?

米中貿易戦争は日本にとって「対岸の火事」ではない。もしトランプ大統領が自動車の話を持ち出したら、大変なことになりかねない。今後、安倍晋三首相が窮地に陥る可能性も?(写真:ロイター)

7月6日、アメリカによる追加関税の一部が実行されました(340億ドル相当)。すぐに中国も報復関税発動となりました。このあとはどうなるのでしょうか。今回はもう少し先の「大きなシナリオ」を見ておきましょう。

「報復関税合戦」が自動車に飛び火したら大変なことに

この件については繰り返してきましたように、金額的にも小さく、アメリカのドナルド・トランプ大統領にしてみれば彼にゆかりのあるプロレス団体であるWWEの流儀で「まずは殴り合う」、という選択をするだろうということで予想の範疇ですが、問題はこれが自動車に飛び火するか否か、という点です。5日は駐ドイツのアメリカ大使がEUに自動車関税回避の提案をしたという報道を受け、アメリカの自動車関連株が上昇しました。

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

自動車は、世界的に規模が大きく、少なくともアメリカだけで2017年に3590億ドルの自動車を輸入しており、仮に今検討している25%(トランプは実は20%だ、とツイートしている)の関税をかけるとすると、約900億ドル、つまりざっと10兆円の関税という話になり、これまでの話とは下手をすると、ケタの違う次元になってしまいます。

こうなると、報復関税という問題以前に、最終的にこの10兆円を負担するのは消費者であるアメリカ国民であるということを忘れてはいけません。最終的に「自動車」と言い出すことになれば、アメリカが関税で儲かるわけではなく、値上げを通じてその分がアメリカ国民に負担が転嫁される、というメカニズムを、どうもトランプ大統領は理解していないとしか思えませんね。

これにより、純粋に国民の負担が増えるわけですから(だからと言って急に車に乗るのをやめられる状況にはない)、順風満帆だった個人消費(GDPの70%を占めるので、ほぼアメリカ経済そのものだと言っていい)にブレーキがかかることで、経済成長が減速する可能性は否めません。FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げが加速しそうだという見通しとあわせ、自動車に関する関税の動きは注意が必要です。

次ページ「思いつきで行動する人が世界のトップ」の怖さ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT