半導体、「しばらく不況は来ない」説は本当か

構造変化で需要爆発だがリスク指摘する声も

IoT(モノのインターネット)化の進展でネットに接続する端末の種類は急増する。自動車やロボットなどあらゆるモノがデジタル化され、ネットに繋がるようになる。米シスコシステムズによると、2016年から2021年までの5年間でデータの量は7倍となる見通しだ。

シリコンウエハの需給はかつてないほど逼迫。大手のSUMCOは2017年度に前年度比20%の値上げを達成、2018年も同20%程度の値上げを計画している(写真:SUMCO)

2021年に必要となるデータの量はおよそ月50エクサバイト(500億ギガバイト)と、想像のつかないような規模となる。ビッグデータ社会の本格的な到来が、半導体市場に空前の好況をもたらしているのだ。

半導体の種類も、これまで中心となってきたメモリだけではなく、さまざまな製品が成長を始めている。

まず期待されているのがパワー半導体。自動車の電動化や電装化で一躍脚光を浴びている。パワー半導体は電池とモーターの間で電力をやりとりするインバーターなどに用いられ、省エネの役割を果たしている。それ自体で演算処理や記憶をするワケではないため、「産業の黒子」である半導体の中でも地味な存在だった。

そのパワー半導体の需要が、環境対応やハイブリッド化の流れに沿って急増している。積層セラミックコンデンサーなど関連する電子部品とともに今後も成長が期待される分野だ。SMBC日興証券株式調査部の渡邉洋治シニアアナリストはパワー半導体や電子部品の市場について「自動車の電動化や電装化はまだ始まったばかり。今はハイブリッド車やADAS(先進運転支援システム)にとどまる需要が、今後、EV(電気自動車)や自動運転時代が到来することによって今後さらに膨らんでいく」と語る。

仮想通貨も半導体需要を下支え

近年話題の仮想通貨も半導体需要を下支えしている。膨大な計算を繰り返し、暗号を解く仮想通貨のマイニング(採掘)には、半導体の性能が重要になる。マイニング業者はマイニングに適したASIC(特定用途向け半導体)の自社開発に乗り出している

日本でもGMOインターネットが6月5日に、自社開発のASICを搭載したマイニングマシンを発表した。このマシンに用いられているのは、世界最先端の7ナノメートルプロセスで作られた半導体だ。熊谷正寿会長兼社長グループ代表は取材に対し「他社と差別化をするため、みずから半導体を作る意思決定をした」と語っている。同社のASICは半導体ビッグ3の一角、台湾TSMCに委託して生産しているものと見られる。TSMCの売上高は、すでに5~10%を仮想通貨向けが占めているといわれているほどだ。

次ページ従来の半導体市場には3~5年で好不況の波があったが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT