投資や消費で陥りやすい「損失回避心理」の罠

オマキザルと変わらない人間の本能行動

まず、オマキザルにトークン(擬似コイン)を与え、これが餌と交換できる「通貨」であると覚えさせる。トークンと引き換えに餌を渡す行動を何回か行うと、容易に学習させられる。さてこの実験では、サントス教授の2人の助手A、Bが、サルに対する「セールスマン」として登場する。サルは、2人のうちどちらにトークンを渡して「取引」をするかを、選ぶことができる。

第1の実験では、助手Aは、ブドウを1粒、サルに見せながら現れる。サルは、彼にトークンを渡すと、見せられた1粒と、さらに追加の1粒を加えた2粒がもらえる。助手Bは、同じくブドウ1粒を見せて現れるが、時には2粒を追加して計3粒をくれ、時には最初の1粒しかくれない。サルにとっての「ブドウの収支」をまとめれば、以下のとおりである。

助手A=ブドウ2粒(確実)
助手B=ブドウ3粒(確率50%)または1粒(確率50%)

助手A、Bは、それぞれ同じことを繰り返すので、しばらくするとサルは両名の行動特性を覚える。慣れればサルは、助手Aとの「保守的な」取引を選ぶようになる。

第2の実験では、助手A、Bとも、3粒のブドウを見せて現れる。Aにトークンを渡すと、Aは1つを取り上げ、残る2粒のブドウをサルに渡す。Bを選ぶと、時にはそのまま3粒をくれるが、時には2粒を取り上げて1粒しかくれない。これを繰り返して、第1実験と同じようにAとBの特性をサルに覚えさせる。この第2の実験のブドウの収支が、第1の実験と同じであることは容易にわかる。

さて、サルの判断やいかに? サルは、今度はBを選ぶ。

進化の過程で身に付けた本能を克服できるか

サントス教授は、これらの実験から、人間は認知バイアスを進化の過程で身に付けたと論じる。

オマキザルはいわゆる新世界ザル(広鼻猿類)に属し、人類を含む旧世界ザル(狭鼻猿類)とは3500万年以上前に分かれたとされる。出自が3500万年以上隔たったオマキザルが、われわれと同じ認知バイアスを共有するのであれば、人類がわずか数千年程度の文明生活を過ごしたくらいで、この本能的特性から解放されることは不可能である。

これに限らず、人間は、数々の本能的認知バイアスを持つ。これが失敗を招けば、そのときは反省するが、本能的行動ゆえに、未来永劫同じ過ちから逃れることは難しい。サントス教授は認知バイアスを人間の持つ限界と認める。人間の動物としての特性は変わらない。だがそれなら、歴史の本質とは、「人は歴史に学ばないという嘆きの繰り返し」になるのか。それではつまらない。

彼女は、人類は翼はなくとも飛行機を発明し、近視になってもコンタクトレンズで矯正するなど、生物としての限界をさまざまなイノベーションで克服してきたことを指摘している。そして、認知バイアスも、これを人間の持つ限界と理解したうえで、創意工夫で乗り越えてゆくべきであると論じた。

心から賛成する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT