「内向的なSNS」が日本をリスペクトする理由

ピンタレストはそれでも日本にこだわる

よくエンジニアたちに話すのだが、数年前まで電話に話しかけても向こうは何一つ理解できなかったが、今では電話に話しかけるだけでいろいろなことをしてくれる。コンピュータビジョンもそれと同じで、そう遠くない将来、自分の生活を変える存在になるだろう。

広告主がピンタレストを選ぶワケ

――米国では、ピンタレスト上で商品が買える「バイアブルピン」という機能がありますね。

目下、使い勝手の向上に取り組んでいるところだ。最初にやらないといけないのは、ピンタレストで欲しいものを見つけたときに、それがどこで購入できるかをわかるようにすることだ。これは利用者からも要求が多い。

たとえば、ピンタレストで気に入ったイスを見つけた場合、それをどこで手に入れればいいかすぐにわかるようにする、といったことだ。ピンタレストを通じてインスピレーションを得るだけでなく、料理サイトで実際のレシピを見つけたり、バケーションに行ったり、モノを買ったりと行動に移せる。

ピンタレストは言うなれば、ネット上にある自分だけの「宝箱」だ(撮影:梅谷秀司)

――広告を出す媒体がオンライン、オフラインともに無数にある中で、広告主がピンタレストを選ぶ理由は。

その理由はピンタレストの強みに直結する。ピンタレストの利用者は、それぞれの生活において新しいことやワクワクすることについて夢想したり、計画や準備をしていることが多い。利用者は何か新しいモノを買ったり、新しいことに挑戦したり、旅に出ようと計画しているかもしれないが、まだ具体的に何が欲しいのか、どこに行くのか、など決まっていない。ここがポイントだ。

利用者がそういう状態にあることは、広告主にとってはいいことで、彼らは何らかの目的を持ちながらピンタレストを使っていながらも、オープンな状態で、広告を見たときに「見たくないモノを見せられた」とは感じにくい。一方、欲しいモノなどが完全に決まった状態であれば、利用者はグーグルや楽天、アマゾンなどを使うだろう。

――広告主からは、どういった要望があるのでしょうか。

広告主はつねに2つのことを求めている。1つは、その企業の製品やサービスを気に入るであろうポテンシャルのある顧客へのリーチを広げることだ。そのために、ピンタレストでは、その製品に興味を持ちそうなユーザーに幅広くリーチできるような取り組みをしている。

もう1つは、広告を出した結果を見極められることだ。成果を見極める基準は各社で異なる。たとえば、広告が実際の売り上げにどれだけつながったか測りたい企業もあれば、知名度を上げたいと考えている企業もある。どういう基準であれ、広告手段が複数ある中、使ったおカネがどういう成果につながっているかを見極められるようにしないといけない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT