「内向的なSNS」が日本をリスペクトする理由

ピンタレストはそれでも日本にこだわる

ピンタレストが日本にこだわる理由とは?(撮影:梅谷秀司)
フェイスブック、インスタグラム、ツイッター――。米国からやってきて日本に根付いたSNSは数多くある。だが、グーグルプラス、タンブラー、ピンタレスト、スナップチャットなど、それほど日本ではメジャーになっていないSNSもある。ピンタレストは、そんな“残念な”SNSの代表といえるかもしれない。
2010年に、元グーグル社員だったベン・シルバーマンCEOらが立ち上げたピンタレストは言うなれば、ネット上にある自分だけの「宝箱」だ。好みの洋服のスタイルや、インテリア、趣味などに関する画像を集めて、それぞれ好きに分類したボードにピン(貼る)することができる。
一般のSNSが人とつながることを目的としているのに対し、ピンタレストは「自分の好きなものや興味」とつながることに重点を置いている。そんな「内向的」ともいえるSNS企業は、2012年に楽天から約40億円とされる出資を受けている。日本での普及はややスローに見えるが、それでも同社が日本にこだわるのには正当な理由があるのだ。シルバーマンCEOに聞いた。

より「ビジュアル重視」な世の中になっている

――デザイナーやファッション関係者など、一部のクリエイティブな職業の人たちが使っているイメージが根強くあります。

確かに4、5年前はそうだったが、今はより「ビジュアル重視」の世の中になっていて、普通のユーザーも増えている。何かを探したり、発見する場合、特にビジュアルは重要だ。

たとえば、多くの人にとって「こんな髪型にしたい」と言葉で説明することは簡単ではない。洋服やインテリアもそうかもしれない。しかし、ネットで見た好きな服や髪型、インテリアなどを集めていけば、自分の好みをよく理解することができるし、美容院やお店などでも説明しやすくなる。

男性の利用者も増えていて、新規登録の40%は男性だ。ウェディングなど特別なイベントを計画したり、家のインテリアを考えるたりするのにパートナーと利用する人もいるし、仕事上のコラボレーションのために使い始める人も少なくない。

次ページピンタレストを使う理由とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。