「内向的なSNS」が日本をリスペクトする理由

ピンタレストはそれでも日本にこだわる

ピンタレストは本当にユニバーサルなサービスだと信じている。多くの人は、自分の日常生活で何を食べるか、何を着るか、どんな旅をしたいか、誕生日やウェディングといった特別なイベントに何をしたいか、ということを大事にしている。多くの人には趣味がある。

今日、人々のこうした関心や興味に、すばらしい方法で応えているサービスはない。LINEやワッツアップ、フェイスブックのように誰かと簡単につながれるサービスはあるが、自分の興味や関心とつながれるサービスはそうない。僕たちの夢は、ほかの人がどう思うかを心配せずに、自分に投資できるツールを提供することだ。

「三木谷さんの本の推薦文を書いた」

――三木谷さんからアドバイスを受けることも?

彼が最近出版した新刊には、これまで僕にしてくれたようなアドバイスがたくさん詰まっている。

――英語でも出版されているんですね。

実は、裏表紙の推薦文を書いているのは僕だ。楽天の特徴の1つは、大きなリスクをとることとイノベーションだと思う。三木谷さんは、これまで大きなリスクをとってきて、その中には成功したものもあれば、失敗したものもあるが、「リスクを取ることは間違いではない」ということを示してくれた。

ピンタレストでも「大きなリスクを取れ」と号令をかけて、アグレッシブに、コンピュータビジョンなどの最先端技術の研究開発に投資をしている。確かにリスクは大きいが、大企業がリスクテイクをするのを見るたびに、大きなリスクをとるのはピンタレストのような小さな企業の役割だと感じる。

――業績は順調に伸びているのですか。

われわれは非上場企業なので数字は開示していないが、CEOとして気にしているのは、毎年力強い売り上げの成長を果たすことで、これまでのところそういう状態にある。さらに重要なのが、ピンタレストを使ってくれている広告主がより多く出稿してくれることで、これも足元では順調だ。多くの広告主は少額から始め、どんどん広告費を増やしてくれている。

これがなぜ重要かというと、ビジネスの多くはいろいろな媒体を一度は試すが、投資に対するリターンがない場合はそれっきりになるからだ。つまり、ピンタレストにより多くの資金を投入してくれるということは、それだけの価値があるということで、この数字を重要な指標だと考えている。

次ページ新規上場の可能性は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT