梨田監督「電撃辞任」で揺れる楽天が目指す先

最下位に沈むイーグルス、借金20で引責の形

それぞれの原因として、私はこう見ています。

美馬投手は、昨年活躍した自信こそあったと思いますが、さらに「今年はやらなければいけない」という責任感が自らを圧迫してしまって、本来の自分の投球が出来ていない。

福山投手・松井投手は球威・コントロールとも精度なく、打ち込まれるパターンが続きました。理由はここ数年の登板過多からの疲れではないでしょうか。

高梨投手は新人として昨年、シーズン中盤から一軍に定着しワンポイントやセットアッパーを任される活躍でしたが、今年は「2年目のジンクス」。去年よりもっとがんばらなければ、と自分を追い込んでしまっている。加えて、さすがに相手打者も研究してくるので、そこそこの投球をしても相手打者が対応出来るようになってしまった。

開幕当初は、投手全体で見ても防御率は悪くなく、試合を作っていたはずです。

ではなぜ、この投手陣の崩れが起こったのか。

打撃陣も低調な結果が続いている

打撃陣にも目を向けてみましょう。

今年の打撃陣は全体的に低調です。

昨年、好調を裏付けた序盤の快進撃の立役者「1番茂木・2番ペゲーロ」の両選手を今年も同じように起用しましたが、ともに不調。試合序盤での得点能力が低く、試合前半でリードが奪えないという苦しい展開になっているのがひとつ。

外国人選手3人(ペゲーロ・ウィーラー・アマダー)を並べ、昨年同様、長打狙いで得点しようとするも不発。これがふたつめ。

3つめは、下位打線(日本人野手)でチャンスを作り、上位に回して得点を取ろうとしたものの、この下位の日本人選手も不調。

つまり、どこを切り取っても不調なんです。

今思えば、この不調の理由のどこかには、「昨年成績を出したからきっと今年も出来るだろう」という妙な安心感がチームに漂っていたからではないか、と私は睨んでいます。特にオープン戦では昨年と同じような戦いが出来ていましたから、安直な慢心がさらに加速したかもしれません。さらに遡れば、昨年の秋季キャンプ。

若手はともかく、レギュラーとして試合出場するであろう中堅クラスの選手にもしっかりとした練習(振り込みや昨シーズンを振り返る“個人ミーティング”=「コミュニケーション」など)を、果たして行なったのだろうか。昨年のこの時点ですでに球団を離れていた私には、想像することしか出来ないのですが、これだけの不調を目の当たりにすると、出来ていなかったのではないかと穿った見方をせざるを得ません。

次ページ 楽天コーチ時代に大事にしたこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT