「もめる相続」は資産5千万円以下で起きる

調停に持ち込まれる件数は年々増加している

少しでももめない相続にするには?(写真:毎日が発見ネット)
生きていると、何回か相続を経験する可能性があります。一般的には夫の両親や自分の両親、そして配偶者などの相続です。この相続によって、それまで家族関係に何ら問題なかった親族、あるいは兄弟姉妹の関係が一変することが多々あるようです。つまり、もめるのです。
少しでももめない相続にするにはどうすればいいのか、相続問題に詳しい税理士の板倉京先生にアドバイスを伺いました。

血がつながっている家族でさえもめてしまいます

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

例えば、父親が残した不備のある遺言書によって、仲の良かった兄弟に遺産を巡る争いが起こり、その後ずっと不仲になってしまうケース。または、子どものいない夫婦の夫が亡くなり、これからどうやって生きていこうかと思っていた矢先、義父から夫の財産を寄こせと請求されるケースなどです。血がつながっている家族でさえもめるのですから、血がつながらない間柄なら、なおさらかもしれません。

相続はもめるもの

5000万円以下の遺産分割でもめる件数が全体の半分以上です

それでは、相続のもめ事はどれくらい起きているのでしょうか。家庭裁判所に持ち込まれる遺産分割調停などの件数をみてみると、年々増加傾向にあります。資産家の人たちがもめているイメージがあると思いますが、そうでもないようです。最高裁判所の司法統計年報によると、5000万円以下の遺産分割でもめる件数が、全体の半分以上を占めています。もしかしたら、「相続はもめるもの」なのかもしれません。

相続の順番は第1順位から始まる。子どもがいれば配偶者と子どもで分ける。子どもがいない場合は、配偶者と被相続人の父母で分ける。子どもも父母もいない場合は、配偶者と被相続人の兄弟姉妹で分ける(画像:毎日が発見ネット)
次ページ妻の住む家がなくなる...どうすればいい!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT