「もめる相続」は資産5千万円以下で起きる

調停に持ち込まれる件数は年々増加している

◆ケース2
母親が認知症となり成年後見人が必要になった

【相談内容】

父親が亡くなり、認知症の母親と兄妹で相続することになりました。認知症になる前の母親は「相続のことは好きにしなさい」と言っていたのですが、そういうわけにもいかず「成年後見人」を選んでいました。速やかに相続の手続きをしたいのですが、成年後見人がいると何か不都合がありますか。

(画像:毎日が発見ネット)

財産は保全されるが、自由に動かせなくなる

【先生のアドバイス】

成年後見人は、家庭裁判所が選びます。親族以外に、法律・福祉の専門家などが対象です。通常、事務費用の目安は月2万円、財産が1000万円以上では月3~6万円です。子どもなどが成年後見人になった場合、遺産分割を行うためには、相続人以外の第三者を「特別代理人」として選任する必要があります。

認知症などの理由で判断能力の不十分な人は、預貯金などの財産管理や遺産分割協議をする必要があっても難しい場合があります。このような人たちを保護するために「成年後見制度」があります。成年後見人を利用すると財産は保全されますが、自由に動かせなくなるのでよく検討してみましょう。ただ、悪徳商法などに引っかかりやすい人、子どもとの関係が良好でない人などには効果があります。

次ページ義父が遺産を請求してきた
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。