がんに効く「特効薬的サプリ」はあるのか?

「サプリメントの正体」の著者がやさしく解説①

低酸素状態で生き延びるために生まれたがん、慢性の炎症を修復する課程で生まれたがん、過酷な環境下でなんとか生き延びようとしている細胞、それががんだという見方もできます。後ほど詳しく触れますが、この2つが原因の場合、それを取り除くことがまず優先です。

もしも、がんになってしまったら?

もしも、がんになってしまったら、がんの種類や進行度合いにもよりますが、やはりお勧めなのは、基本的な栄養素の補給でしょう。最近では大量のビタミンCを点滴するという方法も注目されています。

がん細胞は非常に分裂が早いので、自分の成長のためにどんどん栄養を吸い取ってしまいます。すると正常な細胞が栄養不足で衰弱してしまいます。一方、体内でがんと闘ってくれる免疫細胞(主にリンパ球)もしっかり働くために栄養素を必要としています。

リンパ球ががんやウイルスに侵された細胞の掃討作戦を行うと、活性酸素が大量に発生して、自分たちもダメージを受けてしまいます。それを防ぐために、活性酸素を消去する抗酸化物質が大事になってきます。

抗酸化物質にもいろいろありますが、ビタミン類ではビタミンC、ビタミンEなどがあります。特にビタミンCはしっかり摂取すべきでしょう。

次ページがんはサプリでたたける?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT