「シンガポール版メルカリ」が超人気の秘密

お金持ちに近づくために何をすればいいのか

貯金したければインドのドケチ金持ちに学べでもお伝えしましたが、富裕層は資産価値のある物にしかおカネをかけない傾向があります。

将来売ることを前提に物を買い、不要になったら超富裕層でも中古サイトで家具などを売りに出しているのです。「これは友達が中古サイトで買ったのを譲ってもらったからサードハンドなのよ」—不動産価格が数十億円もするセントーサコーブに住んでいる富裕層でさえ、新品にはまったくこだわらないのです。

富裕層ほど見事なまでに「売り」が上手

一方、日本人なら「新品の物を買い、もったいないから使わずにしばらく取っておき、結局そのまま」ということもよくありますよね。しかしその「使われない状態で物を持つ」という状態こそ、海外ではもったいないとされるのです。最近はさすがに日本でもリサイクルなどに出す人が増えていますが、それが常識と言えるほどには浸透していないのではないでしょうか。

『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

それに比べると、特に欧米の人たちはヴィンテージ(年代物)を好む人も多いほど中古で買うことに慣れています。使わない物は眠らせておかずに、すぐに売っておカネに換え、新たに必要な物を買うというのが基本ルールなのです。

衣類に関しては、今シーズンの物をいち早く買って飽きるまで着た後、セール前に高値で売る人もいるほどです。今シーズンの物なら、多少強気の値段をつけても定価より安ければ売りやすいからです。友達のシンガポール人などは、自分の「インスタ」ページで、フォロワーに子ども服を売っており、出品する品物もおしゃれで状態も良く、価格も合理的なのでほとんど即売り切れます。決済はペイパルで行っています。「自分メディア」で販売できれば仲介手数料を取られることもありません。自分でもビジネスだと割り切っており、買い付けから本気で行っています。

物を買うときも、株を買うときと同じで、将来売ることを前提として、価格が落ちにくい物を買うという発想も大切です。富裕層はそれを意識しているのでおカネが貯まっていきます。おカネの流れを良くすることを意識して、物の売り買いをすることを心掛けるとよいのです。

相場の格言に「売りは早かれ 買いは遅かれ」という言葉があります。これは、買うのは易しいが売りは難しいということです。買い場は随所にありますが、売り場は短いのです。売りが上手になれば、投資家として超一流と認められるほどです。

おカネの流れを良くするためには、不要な物をためこまず、少しでも売れる可能性がある物はどんどん早く売ってしまうのが賢明なのです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT