「シンガポール版メルカリ」が超人気の秘密

お金持ちに近づくために何をすればいいのか

中古で買ったおもちゃ。シンガポールでは超富裕層こそフリマアプリを積極的に使うという(筆者撮影)

フリマアプリを手掛けるメルカリが、6月19日に東証マザーズ市場に上場します。メルカリはとてもはやっていて、友達もよくブランド物の化粧品を売っていますし、女子高校生などはたとえ使用した口紅などでもサンプル代わりに買うことが多いようですね。

シンガポールでは5月から8月に国を挙げ「割引セール」

実は、私が住んでいるシンガポールでも、中古品売買は非常に熱いです。シンガポールでは「カルーセル(Carousell)」というフリマアプリが大流行しています。また、中古だけでなく、新品や新品同様のブランド物もよく流通しています。これはどうしてでしょうか。

理由の1つは大きな割引セールがあることです。シンガポールでは5月下旬から8月頭にかけて、それこそ国を挙げての大セール「グレート・シンガポール・セール(GSS)」を行います。とにかくどの店もセールをするので、その数が非常に多く、割引率も高いときていますから、現地の人も外国人も、ついつい買いすぎてしまうのです、その結果、いらなくなった新品や新品同様の商品が中古市場に出回るのです。

また、シンガポール人も外国人も旅行に行く機会が多いので、アメリカやヨーロッパで買い物をしてそれを中古市場に流すこともよくあります。たとえば、パリでは1月などに有名デザイナーズブランドもセールを行います。そこで入手したほぼ新品の良品をサイトで売りに出す人もいます。

現地の友人で、子どものおもちゃを通販サイトのタイムセールで買いすぎてしまう人がいるのですが、その人は未使用のおもちゃを収納するのにトランクルームを一室借りています。たまに整理をして中古市場で売るのですが、なんと、SPをつけたセレブリティが自宅まで商品を引き取りに来たというのです。

次ページ同じマンションの住人同士で気軽に売買も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT