「あなたの会社を殺す」3つの無症状とは何か

「確かによくある…」御社は大丈夫?

「死んでいる会社」に蔓延する2つ目の「三無症状」は「無関心」である。

仕事を「こなすだけ」になっていないか?

【2】「無関心」は非常に危険な状態である

「無表情」をもたらす主因がこの「無関心」である。この「無関心」が社内に蔓延することはとても危険である。会社を「死に至らせる病」だと言っても過言ではない。

仕事は淡々とこなすだけ

「死んでいる会社」では、社員一人ひとりが「自分の仕事や役割さえ黙々とこなせばいい」と考えている。そのため、「何のために仕事をしているのか」という目的意識が希薄になり、自分のことや目の前のこと以外には興味がなくなってしまう。

結果的に、「お互いに協力し合う」「みんなで創意工夫する」などのチームワークに乏しくなり、組織としての一体感は生まれてこない。これは「死んでいる会社」の典型的症状である。

「無関心」は会社を「死に至らしめる病」

「無関心」の克服は、じつに難しい。それは、「自分の仕事はとりあえずこなしている」ので、罪悪感が乏しくなるからだ。

そのため、自分の仕事以外のことになると、「なぜほかのことに関心をもたなければいけないのか、自分は悪くない」と、他責になりがちである。

「無関心」を放置したままでは、創造も挑戦も生まれない。つまり、「無関心」を放置しておくと、どんな会社も必ず「死んでいる会社」になっていくのである。

次ページ最後の「3つ目の症状」は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。