NEWS小山と加藤の謝罪に見た世間との温度差

未成年と飲酒、テレビの発言は適切だったか

6月8日付のスポーツ新聞各紙は1面や最終面などで2人が未成年と飲酒していた問題を大きく報じました(東洋経済オンライン編集部撮影)

TOKIOと山口達也さんの騒動から1カ月あまり。再びジャニーズ事務所のアイドルが渦中の人となっています。

しかも、今回も飲酒絡みであり、相手は未成年の19歳女性。事態を重く見たジャニーズ事務所は、素早く当事者のNEWS・小山慶一郎さんを活動自粛、加藤シゲアキさんを厳重注意に処したことを発表しました。

さらに、6月7日夕方の生放送番組「news every.」(日本テレビ系)で小山さんが、同8日朝の生放送番組「ビビット」(TBS系)で加藤さんが、相次いで謝罪。前回の教訓を生かしたかのようなスピーディな対応で、ダメージコントロールを図っている様子がうかがえます。

しかし、この対応には、いくつかの疑問点がありました。本人、番組、事務所の対応から、世間の感覚との温度差を感じてしまったのです。

小山の反省と藤井キャスターの激励

まず小山さんは、活動自粛の報道からわずか1時間足らずで「news every.」に藤井貴彦キャスターと並んで登場しました。

小山さんは、「飲食の場に19歳の女性が参加していたことがわかりました。私はその女性から『20歳』と聞いていたため、未成年者であると知りませんでした。しかし、結果として未成年者がいる飲み会に参加し、飲むことをあおるような声を掛けてしまいました」と謝罪。

さらに、「こうした振る舞いは、報道番組として、さまざまなニュースをお伝えし、時には厳しい意見も述べてきた『news every.』のキャスターとして不適切であることは言うまでもありません。当面、出演をお休みさせていただき、その期間、活動も自粛し、今回のことを反省し、自分をしっかりと見つめ直す時間にしていきたいと考えております」と反省の意を表しました。

次ページ謝罪の場ではなく叱咤激励の場?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。