NEWS小山と加藤の謝罪に見た世間との温度差

未成年と飲酒、テレビの発言は適切だったか

もう1つ挙げておきたいのは、ジャニーズ事務所の対応。今回のスピーディな対応とマスコミ向けの文書は、山口達也さんの騒動時と比べると進歩を感じさせました。

しかし、初動対応としては、おおむね問題ないものの、ディテールには疑問符をつけたくなってしまったのも事実。ジャニーズ事務所も前述した視聴者が知りたい核心に触れず、NEWSの過去もスルーしました。特に「未成年飲酒騒動がきっかけで2人のメンバーが抜けた」という過去は、今回の騒動とは切り離せない過去であり、なかったことにしてはいけないはずです。

それ以外にも3人のメンバーが脱退して当初の9人から4人に減ったこと、残ったメンバーも女性スキャンダルが続いていたことなど、マネジメントがうまくいっていないことは明らか。しかし、グループのマネジメントを手掛けるジャニーズ事務所が、その失敗を認めることはありません。

近年、ジャニーズ事務所の騒動を立て続けに見てきた人々は、「それらが個人の問題ではなく組織的な体質によるもの」と感じるようになりました。「組織的な体質改善が必要」「それができなければブランドイメージは低下する一方」という意味では、どこか日大の構図と似ています。ジャニーズ事務所は、所属タレント以上に、組織自体のダメージコントロールを考えたほうがいいのではないでしょうか。

「未成年が嘘をつく」リスクは芸能人の共通認識

昨年から今年にかけて、狩野英孝さん、小出恵介さん、山口達也さんに、未成年女性との淫行や強制わいせつ騒動がありました。今回の小山さんと加藤さんは飲酒のみではありますが、私たちが考える以上に芸能人たちと未成年の接点は多いようです。

しかし、私が知る限り、テレビ出演の多い芸能人たちは、「未成年が年齢を偽って飲みの席に来ることは、珍しいことではない」「だから気をつけなければいけない」というのが共通認識。未成年をターゲットに入れたアイドルなら、なおのことであり、関係者からも注意を受けているでしょう。

それでもリスクを排除できないのは、芸能人になったときの「目立ちたい」「モテたい」という気持ちなのか。それとも、日ごろの仕事やプレッシャーによるストレスなのか。いずれにしても、人気商売に従事するプロフェッショナルらしからぬ脇の甘さを感じざるを得ません。

今ごろ、芸能事務所の内部で「ウチは気をつけろ」という声が間違いなく飛び交っているでしょう。それでも他山の石とはならないところに芸能界の難しさがありますが、それは一般企業も似たところがあるのではないでしょうか。

今回の騒動は、単なる未成年の飲酒だけでなく、マネジメントサイドの問題点を考えさせるものであり、みなさんも「ウチの会社は性善説で任せてしまっていいのか?」と考えるきっかけになる気がしています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。