NEWS小山と加藤の謝罪に見た世間との温度差

未成年と飲酒、テレビの発言は適切だったか

「そもそもどういう知り合いなの?」「何が目的の飲み会なの?」「飲み会だけでその先はなかったの?」「旅館のとき、未成年はいなかったの?」「他に未成年女性の知り合いはいるの?」

2度の音声流出騒動に見舞われた小山さんは、すでに「これらを説明しなければ、信頼を取り戻せない」という苦境に陥っています。どんなに反省して変わった姿を見せても、過去の疑念を晴らしておかなければ、本当の信頼は得られません。だからこそ、クライシス・コミュニケーションでは、できる限りのことを開示して、膿を出し切っておくことが大切なのです。

タレントキャスター化を進める日テレの落とし穴

少し目線を変えると、「news every.」を放送している日本テレビは、この1カ月あまりで大きなダメージを受けました。

山口達也さんの騒動による「ZIP!」と「ザ!鉄腕!DASH!!」へのダメージ。さらに今回の騒動では、「news every.」に加え、NEWSの楽曲「BLUE」をテーマソングとして起用したサッカーワールドカップロシア大会の日本テレビ系中継、7月スタートの加藤シゲアキさん主演ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」もダメージをくらってしまったのです。

しかし、これは裏を返せば、「さまざまなジャンルの番組にジャニーズ事務所のアイドルを起用したからであり、そのリスクを承知で勝負していた」ということ。特に日本テレビはアイドルに限らず、朝の「スッキリ」から夜の「NEWS ZERO」まで、報道・情報番組におけるタレントのキャスター起用が多いだけに、起きるべくして起きたことと言えます。

そもそもキャスターはニュースの専門家であり、信頼性や説得力のために「他ジャンルの番組には出ない」のが普通の職種。海外の人々から見たら、日本テレビの成功を受けてタレントのキャスター起用が相次ぐ日本は異様な現象でもあり、安易な視聴率対策やショーアップ化は、そろそろ見直すべき時期に来ているのかもしれません。

現在、多くの視聴者が報道・情報番組に求めているのは、安心・安全と信頼性。テレビや新聞などの既存メディアに不信感が芽生え、ネットに玉石混交の情報が飛び交う中、報道・情報番組のキャスターには、安心・安全と信頼性を体現する人物がフィットするもの。しかし、そこにはまる人物を見つけられないのが、民放各局の課題となっています。

次ページ日大の構図と似たジャニーズの体質
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。