「自動排泄処理装置」が目指す介護の負担軽減

介護ロボット普及のカギはコストと安全性

ロボットの中には、マッスル製の小型サーボモーター6台を搭載。片腕が棒をつかむと隣のモーターに指令を出し、指令を受けたモーターが動き出します。

モーターが脳と筋肉の役割を果たしているのです。会場では、壁を登るロボットとして大好評。日本の中小企業の夢を背負って登っているのだと、仲間たち全員、感慨もひとしおだったそうです。

36歳の時に独立して起業

玉井社長のルーツは、小さい時から好きだった“もの作り”です。山で木を切っていろいろなものを作ったり、近所の図書館で読んだ航空工学の本を基に模型飛行機を作ったりしていました。好きなことに没頭した少年時代でした。就職したのは、ロボット部品の会社です。1988年、36歳の時に独立して現在のマッスルを立ち上げました。「やはり、好きなことをしたかったんですね」(玉井社長)。

玉井社長(筆者撮影)

しかし、すぐにはうまくいきません。独立して半年で銀行通帳が空っぽになりました。でも、あきらめませんでした。「好きなことだから我慢できるし、頑張れました」と当時を振り返ります。

そんな時、アメリカに人工呼吸器の神様と言われる人がいて、日本の企業と組みたいとオファーがありました。友人と2人、すぐに渡米しました。

しかし、玉井社長はそんなに英語が得意ではありません。友達頼りでしたが、その友達も実は英語は不得手でした。お互い相手が話せると思っていたので、愕然としたと言います。それでも、一生懸命気持ちを伝えようと、“Good”と“Cheap”の2つの言葉を連発しました。

「今考えると、“Cheap”は“安っぽい”の意味で、そんな言葉で交渉する人はいませんよね(笑)」。それでも必死に図解をし、プログラミング言語を使って説明しました。想いが言葉を超え、交渉が成立しました。その商品はロングセラーとなり、今やアメリカだけでなくヨーロッパ、アジアでも使われています。

一方で1999年、小さな本体にコントローラー、ドライバーを組み込んだ一体型小型モーターを開発しました。他に例を見ない自信作です。しかし独自の性能を説明しても、日本の大企業は、企業の規模、過去の実績などを重視することもあり、なかなか採用に踏み切ってくれません。同じものをアメリカの展示会に出品したところ、世界初の製品だ、とすぐに引き合いがありました。

次ページ中小企業はアメリカを目指すほうがいい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT