日本株もそろそろ「梅雨入り」になる?

吉野家の株主総会の人気が落ちた理由

【5月26日 土曜日】日経225先物は、90円安の2万2350円、NYダウは、58ドル安の2万4753ドル。1ドル=109.55円、1ユーロ=127.66円。

【5月28日 月曜日】5月権利付最終売買日。保有銘柄では、リソー教育の四半期配当のみ。予想配当7.5円×10万株で75万円(税引き前)を受け取れそうだ。日経平均は、30円高の2万2481円と3日続伸。

【5月29日 火曜日】日経225先物は、70円安の2万2420円、NY市場は、メモリアルデーのため、休場。リソー教育は、配当落ちだが、株価は変わらずの847円、すかいらーく(3197)は、7円高の1624円と逆行高。日経平均は、122円安の2万2358円。イタリア政治混迷で、1ユーロ=125.71円と円高進む。

【5月30日 水曜日】日経225先物は、280円安の2万2020円。NYダウは、391ドル安の2万4361ドル。TOPIXは、8日続落で、機関投資家がコツコツ売っているのではないか? やっぱりセルインメイ(Sell in May)かな。日経平均は、339円安の2万2018円と大幅安。

【5月31日 木曜日】日経225先物は、210円高の2万2260円。NYダウは、306ドル高の2万4667ドル。9時16分、ラクスルは、初値1645円をつけた。その後、10時44分に、2044円の400円ストップ高まであと1円の高値まであった。14時22分、2000円で400株売り、19万2553円の利益確定。買いは売り出し価格の1500円。

イタリア懸念は後退したが、シダックス株も「後退」

イタリア懸念が後退し、日経平均は、183円高の2万2201円。優待保有銘柄のシダックス(4837)が、カラオケ事業撤退し、カラオケ館に譲渡と報道。しかし、よく調べてみたら、81%の株式を譲渡とあるので、完全撤退ではないようだ。38円安の423円。昨年、初めてシダックスの株主総会へ出席したのだが、その時は、「カラオケ事業は続けます」なんて言っていたのにな。この5年半、日経平均株価が2倍以上になったアベノミクス相場でも、シダックス株は私の保有株の中で唯一まったく上がらなかった銘柄だった。しかし、その間、年15円の配当と優待はあったけど。3月期末の優待券(6月発送)の店舗で使える1枚540円の優待券はどうなるのか? 電話で聞いてみたら、今回発送の優待券には変更はないそうだ。

【6月1日 金曜日】日経225先物は、70円安の2万2120円。NYダウは251ドル安の2万4415ドル。昨日2000円で売ったラクスルは、223円高の2222円。シダックスは、23円安の400円。日経平均は、30円安の2万2171円。

【6月2日 土曜日】日経225先物は、150円高の2万2370円。NYダウは219ドル高の2万4635ドル。1ドル=109.53円、1ユーロ=127.71円。
世界情勢は、ドナルド・トランプ大統領の貿易戦争のエスカレート懸念や、米朝首脳会談をやめると言ってみたりやると言ってみたり、イタリア政局不安で為替が対ドル、ユーロ共に円高傾向になってきた。

また、米連邦公開市場委員会(FOMC)は6月13日~14日(日本時間)開催予定で、多くの市場関係者によると、今回を含め年内あと3回利上げするとの見方も有力だ。現在、利上げの副作用として、新興国(トルコ・アルゼンチン・ベネズエラ・ブラジルなど)の通貨や国債も下落傾向で、このままだと無視できない状況になってきている。いよいよ日本列島も梅雨入りのシーズン。日経平均は3月下旬から上昇トレンドを形成してきているが、今回のFOMCをきっかけに、株式相場もそろそろ梅雨入りではないかと見ている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT