がん予防には「仕組みと原因の理解」が大切だ

「1億総がん時代」に覚えておきたい基礎知識

がん化を防ぐための第1段階として、細胞には遺伝子が傷ついたときに修復する機能がある。

第2に、細胞には「細胞死を起こす遺伝子」が備わっており、遺伝子への傷などの不具合が生じる細胞があると、細胞死を起こす仕組みが働く。

第3に、それでも生き残ったがん細胞を、免疫を司るリンパ球が退治する、という3つのステップが存在する。

出典:『最強の健康法 病気にならない最先端科学編』

加齢と生活習慣が「がん」を生む

書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

では、がんはどのような要因によって発生するのだろうか。その要因の一つが、加齢である。

前述のように体はうまくできており、何らかのきっかけで遺伝子が傷ついたとしても、その傷を修復し、誤ったコピー情報の遺伝子をもった細胞が増殖しないようにする仕組みが、幾重にもわたって備わっているという。

しかし、歳をとると、その修復機能も衰えていく。また、加齢によって体の免疫応答が衰え、がん細胞を排除する機能が低下するという要因もある。

書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

年齢が上がるにつれてがんの罹患率が上がるのは、こうした要因が背景にある。

これに加え、さまざまな生活習慣もがん細胞の発生の原因になることがわかっている。

がん発生の構造を踏まえた上で、ビジネスパーソンがガン予防のためにできることとは何なのか。

次回の連載では、がんリスクを減少させる習慣について、引き続き渡邉教授に解説してもらう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT