筆記試験5時間!ドイツのエリート教育の中身

マークシートが多い日本のセンターと大違い

ドイツの大学入学資格「アビトゥア」はハードだ。過去の問題集も売られているが、表紙が赤いのはなぜか日本と同じ(筆者撮影)

大学生になる手前の中等教育について、ドイツと日本を比べるとずいぶん異なる。まず制度的にいえば、高校に相当する学校、ギムナジウムの卒業時に「アビトゥア」と呼ばれる大学入学資格を取得すると、一部の学部を除いて、希望する大学にいつでも行くことができる。

教育はどこの国でも大きな課題で、つねにさまざまな議論はある。それにしても日独の対比を行ったときに、際立ってくるのが、入学資格という「資格制度制」であること、そして試験の内容だ。記述や口頭によるもので、高度な思考力を問う。今回、試験内容を紹介するとともに、日本でどういう議論が必要か考えてみたい。

ハードなギムナジウム

日本は個々の大学で入学試験が行われるが、ドイツは「アビトゥア」が付与されると、医学部など一部を除いて、いつでもドイツ国内のどの大学・学部でも入学できる。フランスの「バカロレア」とよく似た制度だ。

そもそも、ドイツの学校制度は日本から見ると少しややこしい。小学校に相当する基礎学校は4年生まで。その次の中等教育がおおよそ3種類に分けられている。職人などの職業が前提の「基幹学校」(5~9年)、中級クラスの技術者などが前提になった「実科学校」(6年)、そしてアビトゥア取得(=卒業)が前提になった「ギムナジウム」(8年)である。最近はこれらをまとめた「総合学校」もできているが、伝統的にいえば、この3つのどれかを選択することになる。

ドイツの学制は基本的には個人の適性に合った教育を行おうという制度だが、昨今は日本風にいえば「学歴」を欲しがる傾向があり、アビトゥアの取得を考える人が増えている。しかしアビトゥアを取得しても、特に大学でしたいことがなければ、そのまま職業教育に入る人も多い。というのも、アビトゥアの価値が高いからだ。あえて日本社会になぞらえていえば中堅の大卒ぐらいの値打ちはあるかもしれない。

次ページ全員が受かるわけではない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?